料理サロン La cucina di Giulio

イタリア入院生活の思い出その5

前回からの続きです。お話もそろそろ終盤。初めての方は1からお読みになって頂ければ幸いです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *


さて、病院の朝はこうして早いのだが、それに対して朝食は遅い。前日の夕飯が6時半くらいで9時半には消灯なら朝6時に起きても仕方ないが、ここから8時半までなにも食べられないのはちと哀しい。具合が悪いうちは食欲もないので問題ないが、妊産婦のように元気な場合は入院前にビスケットやブリオッシュを持参することを薦めたい。8時半まですきっ腹で待ってみてもどうせやってくるのはカフェラッテか紅茶としょぼいビスケット、運がよければブリオッシュ。こんなもんです。

そして朝食後しばらくすると医者が検診に回ってきます。私の担当医は若く、なかなか男前で私は先生が検診にやってくるのを心待ちにしておりました。でもとってもお忙しそうでいつも病室に走りこんできては私たちの状態を素早くチェックして、また走って行ってしまうのです。そのわりには息が切れていないので、よほど体力があるんだなって思っておりました。

そして楽しかったのがカモミッラ配りのおばちゃん!
病室をひとつひとつ回りながら、"ヴォレーテ カモミッラ?キ ヴォーレ カモミッラ?”と陽気にさりげなくドスの効いた声でハーブティーを配りにお昼前と午後に回ってくるのですが、まだ熱が多少あった私のハイな頭にはこの声と言葉の響きが可笑しくて、可笑しくて一人忍び笑いをこらえておりました。 今にして思うとなにがあんなに可笑しかったんだろうとも思いますが、イタリア生活も慣れてしまうと以前はあんなに笑えると思ったイタリア語の響きにも鈍感になってしまい、時に淋しくなります。 

それから忘れられないのが、偶然見つけたあの単語。
医療用語が全然分からなかった私は、入院中といえどもオチオチ休んでいられず、ベッドを起して辞書とにらめっこしておりました。私の持っている辞書は83年初版の小学館の伊和中辞典なのですが、お持ちの方、どうぞ867ページ、Medicina e Chirurgiaの真ん中あたりにご注目下さい。

logorrea 病的多弁症

これを見た時にはわが目を疑いましたが、瞬間的に怒涛のような笑いの渦に巻き込まれ、またしてもしばらく私は一人、虫けらのように笑い転げておりました。 盲腸でなくて本当に良かったと思います。ちなみにこの病的多弁症ですが、どうやらlogorrea、でなく、
logoroico/aが正しいようです。つまり男性ならロゴロイコ、女性ならロゴロイカ、イタリアにおいては知っていて損はない単語かと思います。そして残念ながら医学用語に関してはまだまだ改定の余地があるようにお見受けしました。

こうして中々楽しい入院生活が続いておりましたが、3日目に入ると先生があと二日で退院できるようなお話を始めました。でも私はまだ病院に居たかったんです。シガニーウィーパー、じゃなくて大家のいるあの寒い家に戻るのは不安だった。この病院に必死で連れてきてくれた時には命の恩人、と感謝もしましたが、彼女の立場としてはネーロ(税金を払わずに収入を得る事)で私から家賃を取っていたわけで、私の為に救急車を呼ぶ訳にはいかず、まして絶対に自分の家で死なれたりする訳にはいかなかった。おめでたい日本人の私は後でジュリオに解説されるまで、そんなことは夢にも思わなかったんですが、日頃の大家の人柄を考えると納得が行きました。
そんな理由もあって退院は不安でした。 第一まだ病室のトイレに行くのが精一杯で、廊下に出られるほどの体力もなかったんです。
そこで突然、お支払いの事を思い出したのです。イタリアでは救急病院で手当てを受けるのは旅行者であっても無料ですが、入院となるとどうなるのでしょう? この設備の行き届いた病院がイタリア1であることは聞いていましたが、ここが国立なのか、私立なのかも私にはわかっていませんでした。

                      続く

さてお支払いの行方はいかに???
お楽しみ頂けましたら、ポチッとお願いします040.gif
出来れば両方↓クリックして↓くれると嬉しゅうございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援、ありがとうございます
[PR]
by giulio71 | 2008-10-28 01:45 | イタリア入院生活の思い出
<< イタリア入院生活の思い出その6 イタリア入院生活の思い出その4 >>



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧