料理サロン La cucina di Giulio

やっぱりあれはボッタクリだったと。。。

先日ローマで日本人観光客二人相手に600ユーロ以上のランチの請求をしたリストランテが話題になっていますが、この話を聞いた時は正直、

”やっぱりローマって怖いなあ、、、”

じゃあミラノじゃそんなことは無いのか?と言うと一度ありましたね。
ドォーモからサンバビラに向かう、コルソ ビットーレエマヌエレ2世にずらりと路上バールが並んでいますが、その一つ。
日本語メニューもあります、なんて看板に書いてある所。

まだキアラが赤ちゃんだったので4年くらい前でしょうか。
日本から来た最年長の友人O氏とお茶でもしようかと、天気の良い日にその路上席に座ったわけです。
頼んだのはカップチーノとカフェだけ。

ほどなくしてキアラのオムツが汚れ泣き出したので、急いで帰ろうとお会計をO氏に任せ^^; 店を後にして歩き出してしばらくしてから彼が言うわけです。

”請求15ユーロって、、、ないよね?”
”払ったんですか?”
”いや、なんとなく。。。”
”レシート貰いました?”
”いや、席に取りに来て15と言われたんで。。。”

確かに、払える金額だったのでなんとなく払ってしまったというの、わかりますよね。
食事するわけでもなかったので、メニューも見なかったし。。。
でもベネチアのカフェフローリアンじゃあるまいし、ちょっと高すぎる。
やっぱりあれはボッタクリだったと今でも思ってます。
でも金額がしょぼいので気がつかない人も、、いるかも(汗)
ちなみに私、ミラノ生活8年ですが、あの通りの路上バールに座ったのは後にも先にもあれ一度きりです。


最後に、先日ニースで評判のケーキとマカロンを買おうとしていた時のこと。

c0155755_6332432.jpg


ケーキ3つとマカロン1袋を買い、50ユーロ札を出したところ、12ユーロちょっとのおつりを貰いました。 あれ?と思い、思い切りイタリア語で

”スコントリーノ(レシート)?”

と笑顔で突っ込んだ所、マダムは、大慌てで、

"Oh, I'm sorry,, too expensive!"

とそれを引っ込めて今度は37ユーロちょっとのおつりをくれました。
どうもおつりでなくお買い上げ額が12ユーロほどだったので間違えたようです、とこっちの方は信じています(微笑み)

皆様もどうか、語学力にひるまずに突っ込んで下さいね。
日本語だっていいんですよ。気は心って言いますから(爆笑)

c0155755_6373260.jpg


それにしても、この高級パティスリーでケーキ3つとマカロンひと袋買って12ユーロちょっとってミラノよりはるかに安いではないか!?
もしかして、突っ込み勝ちしてた?ワタシ!???


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2009-07-05 06:57 | イタリア情報
<< Piccolo teatro ... ニースで食事 >>



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧