料理サロン La cucina di Giulio

電子ピアノを修理してみる

更新ご無沙汰なのにいきなり地味な話題でごめんなさい。

今日久しぶりに自分を褒めて上げたい出来事があったので更新する気になりました^^

さてさて、我が家には3年ほど前にキアラの為に新品購入した電子ピアノがあるのですが、先日、音がひとつだけ飛びぬけて大きくなってしまうことを発見。
それが実によく使うキーで耳障りなので修理に出そうとあちこち探したら。。。

なんと、家から150m先に専門店があるのを発見。
うれしや、これなら自宅まで来てくれるわね!と交渉してみたものの、返事はNO.

”台を外してキーボードだけ持ってきてね。何日か預かるから。”

どうも部品交換など何もない最低料金で45ユーロからだという。
だが料金より何より、何日も戻ってこなかったらその間、キアラは練習が出来ないではないか?
いくら150m先にあっても電子ピアノってかなり重いしとても一人では持っていけない。

じゃ、いっそ一人で開けてみる?
それでお手上げなら持っていくだけのことだし。

そんな訳で、一人ドライバー片手に立ち上がる

c0155755_1252330.jpg


機種はヤマハのARIUS 最もシンプルな機能のものです。
後ろにネジが三つあるのでそれを外すと上の蓋が開きます。
問題のあるキーのハンマーを確認して電源を切る。

c0155755_1343089.jpg


鍵盤からわずかに見える赤いフェルトの部分を外し、
更に30個ほどついているネジを外し、鍵盤の固定を解除

c0155755_1394344.jpg


ここで問題の鍵盤部分を持ち上げてみるが、特に故障はなさげ。
そもそも3年しかピアノをやってない8歳の子が故障させるほどの力があるとも思えない。
私の予想は鍵盤とハンマーのつなぎ部分の接触不良だったのだが、どうもわからない。。。
どうやら諦めて、修理に出そうか、と思ったその時、、

c0155755_1595538.jpg


赤い線の部分がフェルトとウレタンで出来ているのに気がつく。
ハンマーはその下を叩くように出来ているのだが、触ってみると、
まさしくそこに、へこみがあった!!!

どうもこれは消耗品で、交換するしかないかな、と思いつつ、少し揉みほぐしてみる。
これは左手で伴奏を取るのによく使うドの音なのだけど、
触って見ると確かに和音でよく使う音の部分は少しへこんでいる。
あんな8歳の子でもこれだけの力で弾いているのね(汗。。。

少し揉んだらウレタンの高さが戻ってきた!
これで電源を入れてちょっと試したら、、、

なんと! 直っているではないか!!!!

喜びついでに他のウレタン部分も揉み解して、計38個のネジを締めなおして修理完了!
所要時間2時間弱。

久しぶりに充実感を味わった一日だった。

がんばったのでクリックしてね♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

それにしても、日本に住んでたら絶対に自分でやろうとは思いつかなかっただろうなあ。
今回は運がよかったけど、
皆様、感電にだけはくれぐれもご注意下さいませ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2013-04-05 02:12 | Piano ピアノ
<< 出てきた料理が口に合わなかった... 総選挙休みに冷凍クロワッサンを焼く >>



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧