料理サロン La cucina di Giulio

パプリカのマリネ 皮を簡単に剥く裏技

春になるとなぜか増える持ち寄りパーティのご招待。
家のすぐ近所ならまだいいけど、遠方だったり、毎度メンバーが同じだったりすると、何を持参するか結構悩みだったりするんですよね。

定番は米料理だったり、
揚げ物だったりするんですが、
結構少ないのが野菜料理。
そんな訳でお助け料理としてペペローネ(パプリカ)のマリネはいかが?
焼いた後の皮剥きが大変なだけで後は技術もレシピも不要♪
パプリカは肉厚の、きれいな色を選んでね。

まず、グリル(またはオーブン)パプリカをコゲるくらいしっかり焼きます。
焼き方が甘いと皮がむけませんのでご注意を。

c0155755_1948437.jpg


ここで裏技。
焼けたパプリカをアルミホイルでしっかり包み、そのまま15分ほど放置。

c0155755_19493245.jpg


こうすることによって、蒸気と余熱で皮が驚くほど剥きやすくなるのです。
粗熱が取れた頃、皮を剥き、種を捨てて、縦に適当な大きさに裂きます。

c0155755_19532175.jpg


3日くらい保存したいならちょっと水気を切る。

c0155755_19553113.jpg


たっぷりのオリーヴオイルとニンニク、
オレガノ、塩をふった器に並べ、

c0155755_19593999.jpg


とろけるようなマリネの出来上がり♪


出来たてよりも半日~翌日くらいが美味しい!
これだと前日から準備出来るし、多分誰ともかち合わない。

人様が剥いてくれたペペローネはたまらなく美味しいものです^^
恥ずかしい話ですが、1キロ買って、焼いて、うちは家族3人で瞬く間に食べてしまいます024.gif
翌日持っていくはずだったのに、消えていたことすら、あります028.gif
これに上モノのアンチョヴィがあれば、もう何も言う事はないでしょう068.gif

更に詳しく知りたい方は、ジュリオのブログでご覧下さいね。
http://blog.giallozafferano.it/shakrefornelli/la-pelle-dei-peperoni-come-levarla/
妻と違って更新、大変がんばってますのでたまに覗いてやって下さい。
イタリア語ですが、そのうち翻訳するかもしれません^^;

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

応援クリック、いつもありがとうございます040.gif
[PR]
by giulio71 | 2013-04-30 20:25 | 料理教室メニューより
<< 観光抜きの、クレタ島のバカンス 出てきた料理が口に合わなかった... >>



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧