料理サロン La cucina di Giulio

アマルフィへ、小さな船旅

サレルノ近郊のリゾート地に数日滞在してきました。
主な用事は娘のピアノの先生が審査員を務める国際ピアノコンクールへの参加だったのですが、
場所はなんといっても、アマルフィ湾ですからね。
もちろん足をのばして行って来ました♪

以前はバスで行ったものでしたが、
今回はホテルやタクシーの運転手に勧められて船で行くことに。
サレルノ駅から海に向かう、コンコルディア広場から桟橋を歩き、
ここからいよいよ乗船

c0155755_6404197.jpg


アマルフィまで8ユーロ 所要時間35分
お勧めは進行方向右側のデッキ、ですが、
炎天下の場合は出発まで下の客室で涼んでいましょう。
はっきり言って、コゲます。

c0155755_645584.jpg


この日は韓国の若い女の子ばかりのツアーで一杯だったのですが、
この添乗員というのが、なんというか、ラテン系韓国人でして(笑)
女の子たちに写真サービスを欠かさず、出航するやいなや歌いだすのは、オーソレミーオ。
なかなかいいバリトンだったので留学生のバイトだったのかも

なんてことを考えているうちに、見えてきました!

c0155755_6542711.jpg


10年ぶりのアマルフィ!
その何年も前に初めて行ってから、忘れられなかったアマルフィ。
嬉しいっ やっと帰ってきた!
必ず戻ってくる、と誓ったこの地、

そして、その理由とは。。。

c0155755_6593594.jpg


初めて来たとき、ふらりと入った
このパスティチェリア(ケーキ屋ね)で食べたレモンクリーム入りのクロワッサンが
ぶっ飛ぶほど美味しくて、
とりこになってしまっていたからなのでした。

正直、アマルフィよりポジターノの方が風景としては素敵だと思うのですが、
どうしても私の胃袋はアマルフィに軍配を上げており、
はっきり言えば、アマルフィに行きたかったのではなく、
あのパスティチェリアに行きたいだけなんじゃないか、という気もしたんですが、
まあ、、どうでもいいですよね(爆笑)

c0155755_772877.jpg

アマルフィ大聖堂内のオルガン、愛さまへお土産

今回は夕方に到着したのでクロワッサンはもうなかったのですが、
代わりに、今まで知らなかったお菓子も少し立食で頂きました。
ここへ来たらとにかくレモン風味のお菓子をお試し下さい。
至福のひとときが得られます。

c0155755_7123043.jpg


と、いうわけでお土産にもちょっと買ってみました。
さすがに食べ過ぎてしまいましたが、
やっぱりアマルフィには午前中に着きたい、というのが今回の感想です。
イタリアでは甘いものは午前中に食べ始めるのが基本ですから!


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
あ、お店の名前はSavoia です。
海岸りから大聖堂に向かう角にあります。
ちなみに大聖堂の横に老舗のパスティチェリアがありますが、
そこでは、ありません。
[PR]
by giulio71 | 2014-06-13 07:36 | イタリア情報
<< ミラノでピアノを探す 引越しはしたものの。。。 >>



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧