料理サロン La cucina di Giulio

カテゴリ:料理教室メニューより( 31 )

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー3

最後はデザートです。
見た目は普通のフルーツタルトレット
でももちろん、小麦粉は使わず、でんぷん質の粉を使っています。
タルト生地もカスタードクリームも、小麦粉が入らない分だけ色が白い。

タルト生地は日本の懐かしいたまごボーロのようだという声が!
むしろ、こちらの方が美味しい!と喜んで下さる方もいらして、
とても嬉しくなりました。

c0155755_7152714.jpg


カスタードクリームはとてもさっぱりしています。
いつも思うのですが、イタリアの小麦粉って日本の小麦粉(主に北米、カナダからの輸入品)に比べると、漂白されていないせいもあり、小麦本来の味が強い。
なので、それを抜いてしまうことにより、残りの素材の味、とくに塩や砂糖の強さが特に目立ってしまう。
小麦粉はいろいろな意味でのつなぎなんですね。
ある意味、日本のお菓子に少し似ているような、そんなさっぱりした甘さの仕上がりでした。

ジュリオいわく、
小麦粉は石油のようなもの、最近は分解可能なでんぷんで出来たごみ袋なんかもあるけれど、
強さではビニール袋にはとてもかなわない。
料理の歴史は小麦粉を中心として発達してきただけに、代用は出来ても、
代用品では全く別のものにしかならない。

つまり、最後は小麦製品はやはり美味しい、ということなんですが、
そんな彼も、日々、さりげなく小麦製品の摂取を控えていたりします。
はっきりとアレルギーなわけでもないのですが、
出来るだけ控えた方が自分の体調にはよい、と思うのでしょうね。
時に断食が有効であるように、たまにグルテンフリーの日を作ってみるのも、なにか新しい発見があるかもしれませんね。


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2016-04-22 12:06 | 料理教室メニューより

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー2

前回からの続きです。
次の料理は、マッシュルームとハムのクレープ、ベシャメルソースかけ

単純に言えば、クレープを焼き、ベシャメルソースを作った中に、マッシュルームのソテーとハム、チーズを包んで並べ、さらにソースをかけてオーブンで焼いたものなのですが、

なんせグルテンフリーなので小麦粉は一切使えません。
そこで片栗粉などのでんぷん粉の類を使って、
クレープやベシャメルソースを作るのですが、

これが、単純に、、
通常のレシピから小麦粉とでんぷん粉を差し替えればよい、
というわけでも無いところが、難しいところ。

c0155755_6474827.jpg


全く別の配分が必要とされます。
思えば、長年に渡って、様々な試作を試食させられてきました。
ですが、このグルテンフリー食に関しては、
本当に簡単に美味しいレシピは出来ないもので、
今回はジュリオの長年の努力の積み重ねをしみじみ感じましたね。
アレルギー食とは全く思えない、いつも通りの美味しさでした。
写真ではわかりませんが、マッシュルームの扱いは秀抜で、
ひそかにうなっていた私でした。

デザートに続きます。


クリックして応援してね!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2016-04-22 01:38 | 料理教室メニューより

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー1

今日は久しぶりの昼レッスン。
メニュー決めはいつもながら悩むのですが、
今回は長年暖めていた、ジュリオの隠し玉を出すことに。。

それは、、

グルテンフリーメニュー

c0155755_634394.jpg


ヨーロッパには小麦アレルギーの人が大変多く、実はジュリオの姉もその一人。
その難しい食生活を共にしていくうちに、
自然とアレルギー食への関心が深まったようです。

実は私も彼らと暮らすまでは全く知らなかったのですが、
小麦アレルギーの人は、自分が安全な食品を選んでいるだけでは充分でなく、
実に多くのことに注意して暮らしているんですね。

例えば、、
グルテンフリーの食品は他の小麦粉や
一般のビスケットなどと同じ場所には保管しない、とか、
木製品の木べらや、麵棒などは自分専用のものを使う、
他の人が一般の料理に使ったものは使えない、
レストランなどで米料理を頼んでも、パスタを茹でたりした鍋で料理されたらアウト!とか。。。
混入は時に命取り。。。

なので、グルテンフリーメニューを用意して差し上げても、
気心が知れないうちは、安心して召し上がって頂くことも出来ない方も多いかもしれませんね。

では、本日のお料理のご紹介
まずは、モッツァレッラチーズのカリカリ衣揚げ


c0155755_6142147.jpg


通常、パン粉を使うべき料理ですが、
コーンミールを使っています。
ちょっとタコスを思い出す、香ばしいとうもろこし風味の衣、
その中にとろーっとした、
モッツァレッラチーズを入れてオリーブオイルで揚げました。

小麦粉を使わない分だけ、中のチーズが出てきやすいため、
しっかりと、しっかりと衣をつけます。
なので、揚げたてにかぶりつくと、
まるでショーロンンポウのように中の熱い汁が、

ジュワーっと出て、、とても危険です028.gif

長くなったので、続きます



クリックして応援してね
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2016-04-21 06:35 | 料理教室メニューより

久しぶりのクリスマスメニュー

c0155755_1434415.jpg


本当に久しぶり、実に3年ぶりのクリスマスメニューでした。
毎年このメニューを考える、調整するほかに、殺到する予約のストレスも実はあって、
引越し前はもう疲れてしまっていてお休みしていましたが、
やっと再開することが出来て本当に嬉しく思います。

c0155755_1485142.jpg


今年はロンバルディアクリスマスの王道、ラビオリと、詰め物をした鶏の丸焼き、
そして見た目にも美しいおつまみ的なゴルゴンゾーラ風味のサラダ

みんなでパスタをこねて、伸ばして、中身を詰めて、閉じて、切って、
本当に手のかかる料理もワイワイとやればとても楽しい♪

c0155755_1532274.jpg


お腹にたっぷり詰め物をした鶏のロースト。
詰め物をすることで焼き時間も倍増しますが、この贅沢感はクリスマスならでは。
肉汁もあまなく利用して、ソースを作り幸せも倍増053.gif

ミラノ万博も無事終了。
食がテーマの万博だっただけに、夜の料理教室にも大勢の方にご参加頂き、ありがとうございました。
振り返ればびっくり箱のような2015年でしたが、過酷だった改装工事と引越しの後の思いがけないサプライズのような。。。
人生って、本当に面白いものですね。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けるとポイントが入りますのでよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2015-12-05 02:08 | 料理教室メニューより

本日、料理教室再開の日

2015年新春

本日、引っ越してからやっと料理教室を再開しました。
直前になってから連絡したのに、

ずっと待ってたんです!!!

と駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました!

お休みしていたこの一年の間に、ミラノを離れた方も多く、
最近になって近況をお知らせ下さるお便りを頂きます。
日本に帰られた方、別の土地に移られた方、もうイタリア料理のレストランが遠ざかってしまった、と。。
でも、うちで習った料理を作るから大丈夫!と言って下さった方もいました。
こうした言葉をきくのは本当に嬉しいものです。
なので、今回は全料理のご紹介!
長年通って下さった方なら、もう写真を見ただけでジュリオの味が想像出来てしまうかもしれませんね。

では、今月メニューです。

c0155755_71094.jpg

前菜はパプリカのマリネ アンチョビとケッパー風味

c0155755_7115517.jpg

手打ちタリアテッレを鴨のミートソースで 

c0155755_7154438.jpg

七面鳥の煮込み ポレンタ添え
素朴な料理ですが、美味しいっという声がよく聞こえました(笑

料理教室はここまで、ですが、
さらにおまけのデザート

c0155755_7184711.jpg

その場でカスタードクリームをつめて、
粉砂糖をふったばかりの、シュークリーム♪
外はカリっとしたままなのが嬉しい016.gif

いかがですか?
しばし、ミラノを懐かしんで頂ければ幸いです。
そして恒例の記念撮影と乾杯069.gif

c0155755_7253430.jpg

G先生、美女に囲まれ、嬉しそう053.gif

背後にあるキッチンに見覚えのある方も、いますよね?
実は、キッチン、すべて前の家から運んで持ってきました。066.gif
配列が変わったので、足りない分は特注しましたが024.gif

そんなこんなでかなり疲れておりまして、一年あまりもお休みしてしまいましたが、
今月から再出発。
心機一転で、初心忘れずにがんばります。
今年はミラノエキスポも控えてますし、多くの方にお目にかかるのを楽しみに。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします040.gif

よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2015-01-20 19:18 | 料理教室メニューより

パプリカのマリネ 皮を簡単に剥く裏技

春になるとなぜか増える持ち寄りパーティのご招待。
家のすぐ近所ならまだいいけど、遠方だったり、毎度メンバーが同じだったりすると、何を持参するか結構悩みだったりするんですよね。

定番は米料理だったり、
揚げ物だったりするんですが、
結構少ないのが野菜料理。
そんな訳でお助け料理としてペペローネ(パプリカ)のマリネはいかが?
焼いた後の皮剥きが大変なだけで後は技術もレシピも不要♪
パプリカは肉厚の、きれいな色を選んでね。

まず、グリル(またはオーブン)パプリカをコゲるくらいしっかり焼きます。
焼き方が甘いと皮がむけませんのでご注意を。

c0155755_1948437.jpg


ここで裏技。
焼けたパプリカをアルミホイルでしっかり包み、そのまま15分ほど放置。

c0155755_19493245.jpg


こうすることによって、蒸気と余熱で皮が驚くほど剥きやすくなるのです。
粗熱が取れた頃、皮を剥き、種を捨てて、縦に適当な大きさに裂きます。

c0155755_19532175.jpg


3日くらい保存したいならちょっと水気を切る。

c0155755_19553113.jpg


たっぷりのオリーヴオイルとニンニク、
オレガノ、塩をふった器に並べ、

c0155755_19593999.jpg


とろけるようなマリネの出来上がり♪


出来たてよりも半日~翌日くらいが美味しい!
これだと前日から準備出来るし、多分誰ともかち合わない。

人様が剥いてくれたペペローネはたまらなく美味しいものです^^
恥ずかしい話ですが、1キロ買って、焼いて、うちは家族3人で瞬く間に食べてしまいます024.gif
翌日持っていくはずだったのに、消えていたことすら、あります028.gif
これに上モノのアンチョヴィがあれば、もう何も言う事はないでしょう068.gif

更に詳しく知りたい方は、ジュリオのブログでご覧下さいね。
http://blog.giallozafferano.it/shakrefornelli/la-pelle-dei-peperoni-come-levarla/
妻と違って更新、大変がんばってますのでたまに覗いてやって下さい。
イタリア語ですが、そのうち翻訳するかもしれません^^;

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

応援クリック、いつもありがとうございます040.gif
[PR]
by giulio71 | 2013-04-30 20:25 | 料理教室メニューより

カルボナーラ!

いきなりネガティブ発言で申し訳ありませんが、実は私、イタリアのお店でまだ一度もカルボナーラを注文したことも、食べた事もありません。

理由は、ハズレの可能性大!の一言に尽きます。

そもそも、カルボナーラのコツは、火加減のみ。
あまり加熱しすぎると卵がボソボソになってしまいますので、
パスタとベーコンをフライパンで炒め、ゆで湯少々とソースを加えた瞬間に火からおろして合えると失敗しません。

c0155755_053552.jpg


そして出来た瞬間にはもう食べるべし!!!

なので、いくら料理人の腕がよくてもイタリアにありがちで給仕が遅く、テーブルまでいつまでも運ばれないままでいると、台無しなのでございます。

c0155755_06447.jpg


写真を見て気がついた方もいるかもしれませんが、
我が家のカルボナーラには生クリーム入りです。
これ、実は邪道でして、^^;

カルボナーラが生まれた本場ローマのオリジナルレシピでは、
生クリームは使わず、グアンチャーレとペコリーノチーズ、そして卵と胡椒のみ。
炭焼き小屋に持っていける材料で作ったことから発展したようです。

一度、本場レシピでジュリオに作ってもらったことがあるのですが、
ベーコンの代わりに使うこのグアンチャーレときたら、豚の白身の脂以外の何物でもない上に結構なケモノ臭さでして、、

この上にペコリーノチーズをかけても、卵でからめても、この油っこさには正直お手上げで、ほとんど食べられなかったなあ(汗。。。

一方、ダイエットを気にするイタリア人の友達は、脂身のすくないパンチェッタ(ベーコン)と卵だけ。隠し味に少し唐辛子を加えたりしますが、これならOK。
ちなみに彼女、パンチェッタはすべて食べずに残します。

そしてジュリオのカルボナーラはパンチェッタと生クリーム、ペコリーノチーズと卵で作ります。
基本的にデリケートな味のジュリオの料理らしく、粗引きコショウは本当に少しだけ。
チーズにコクがあるのでこれで充分な気がします。
今回はスパゲッティでしたが、手打ちパスタでも美味しいかもね~♪


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

それにしても、頼むつもりがない一品って、メニューにあっても目にも入らないものなんだ、と今回つくづく思いました。
旅行者の皆様、イタリアに来たら本場のトマトソースをぜひお試し下さい。
カルボナーラは日本の方が、ハズレません028.gif
[PR]
by giulio71 | 2013-02-19 00:07 | 料理教室メニューより

オマール海老のカタラナ風

ブログをはじめてもう何年になるだろうか。
料理教室を始めたのが2007年で、その年の初めてのクリスマスメニューがこのアスティチェ アッラ カタラナ(オマール海老のカタラナ風)だったっけ。

さて、この料理が初めて我が家の食卓に登ったきっかけは、
ミラノの超有名リストランテ ダ ペスカトーレに行った事。
(渋る彼を半ば強引に私が連れ出した)

この店の看板料理は言わずと知れた、この料理なのですが、
つまらなそうに食べるG先生、

そして、一言。


”こんなのオレにも出来る。”

そして翌日、前夜の満腹の記憶も覚めやらぬ私の前で、生きたオマール海老を買ってきて同じ料理を作ったG先生。

c0155755_659397.jpg


ええ、素晴らしかったですよ。
ハッキリ言って、前日の店よりおいしかったですとも。

でもね、正直なところ、

翌日でなく、せめて一週間後に食べたかったですね!

それにしてもG先生、
あなたの凄いところはですね、、

食べ終わった後のコメントでした。


”美味しいけど、高い。”
”手間とか考えると、やっぱり店で食べた方が割りに合うかなあ。”

   072.gif  072.gif  072.gif

だから食べに行こうよって事で店に行ったんじゃなかったっけ!?


そんな理由で我が家の食卓にも滅多に乗らないこの料理ですが、
今年は久しぶりに料理教室のクリスマスメニューに出してみました。

クールブイヨンで茹でたオマール海老をぶつ切りにして、サルデニア産の青みのあるトマト、トロペア産赤玉葱にドレッシングを加えて合えたもの。

c0155755_6594640.jpg



景気もどん底、先の希望もさして見えないイタリアですが、
クリスマスの食卓の豊かさは本当に凄いと毎年つくづく思う。
日本のクリスマスに何を食べていたのか、
だんだん思い出せなくなっている、今日この頃です。


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2012-12-15 07:25 | 料理教室メニューより

料理教室とワイン 気分はすでに忘年会?

最近、料理教室で異様に盛り上がる日がある。
作っている段階ではまあ普通なのだけれど、
料理が完成に近づき、私がテーブルクロスを出そうとすると、
待ってましたっとばかりに手伝いの手が入るのである。

11時開始、通常食べはじめるのは早くても13時。
確かにお腹も空く頃ではあるのだけれど、
料理以外のお楽しみ、さてそれは。。。


もちろんワイン069.gif


ワインの選び方は私なりのこだわりもあるのだけれど、
あくまでも料理が主役だし、予算上基本的に1種類。
しかも女性ばかりなのでアルコール度の高いものはNG、比較的軽いワインが基本。

さてさて、今日のメンバーはかなり飲めそうな顔ぶれだったのもあり、
いつかやってみよう、と思っていたランブルスコの大瓶を用意。

いくら何でも大瓶は無理でしょ~っと笑いを取るのが狙い。
なのでさすがにテレ笑いをしている皆様に、

”まあそうがんばらなくても残ったら、今夜私とジュリオが飲みますから^^”
と言いつつ、写真を撮って乾杯。いただきま~す♪

c0155755_8265218.jpg


前菜はポーチ ド エッグをほうれん草のソテーの上にのせ、さらにゴルゴンゾーラのクリームソースをかけたもの。

わ~ 美味し~い♪♪
という声が聞こえてくる。
美味しいのは料理か? お酒か??

次はプリモピアット。

c0155755_8313936.jpg


詰め物をしたニョッキのトマトソース和え
中にはアルトアディジェ産のスペックとアオスタ産フォンティーナチーズ、
これだけでもしっかり美味しいけど、少なめにからめたトマトソースがさらに追い討ちを掛けてたまらなく美味しい。

わ~ もっちもち~♪♪
美味し~い♪♪♪

の声の共に聞こえてくるグラスと瓶の触れ合う音。
そしていつしか懐かしい御三家アイドルへと話は発展していく。

御三家とは、
郷ひろみ、野口五郎、あれ、残りは沢田研二だったっけ?

などという世代差を感じる発言まで飛び出し、ふと見ると大瓶ボトルは半分くらいに減っていた。069.gif

そして、セコンドピアット

c0155755_8415672.jpg


ジュリオ風、豚肉のスペアリブ
これがランブルスコに合うのは、言うまでも無いだろう。。。

さすがに皆さん、お腹がはちきれそうになったのか、
食べるスピードがやや落ちていく。

歌と手拍子にまでは発展しなかったものの、
かなりの賑わいをみせた盛り上がりの後、
そろそろカフェとデザートでも、、と思った瞬間、


”あ~、ワイン終わっちゃった~ 
すみませ~ん、今夜の御宅の分なくなっちゃいました~”


     072.gif072.gif072.gif

というわけで今夜は、罪悪感を感じた(?)お客様がこのネタをブログに書かれるのを恐れていらしたので、久しぶりに更新する気になりました(爆笑)

皆様、我が家の料理教室は、楽しむ為にあります。
一緒に作りたい人も、作りたくない人も、楽しんでお帰り頂くのが私とジュリオの喜びです。

やっぱりランブルスコはいいですね。
しばらく定番にするか、ちょっと考えてみます^^;


クリックね~ん♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

でも正直、微妙です。
アルコール度8%でガンガン行くのと、
12%で控えめに行くのと、
果たしてどっちがいいのやら。。。。
[PR]
by giulio71 | 2012-11-15 09:15 | 料理教室メニューより

夏よ、行かないで~ オレッキエッテの冷たいパスタ

ミラノに住み初めてまだ間もない頃。
夏の終わりに聞いたイタリア人の言葉。

”がっかりだわ。もう夏が終わっていく。
これから長い冬が始まるのだと思うともうユウウツ。。。”

ゆったりとした春と秋のある日本で生まれ育った私には、この言葉が大げさに思えたものだったけど、あれから何年もミラノの冬を経験した後、今ではこのセリフは私のもの。

ひと雨ごとに季節が変わっていく。。
まだかろうじて半袖で過ごせる日中もあるけれど、夏が終わってしまったのには間違いない。

今日は料理教室だったのですが、
来て下さったお客様の中にも、在伊が長い人はさすがにこの気持ちが分かるらしく、
去り行く夏が惜しまれて、まだサンダルにしがみついていたい、と言う言葉に納得、納得。

そんなこんなで、9月の我が家はまだ夏メニュー(笑)

c0155755_612275.jpg


プーリア地方の手打ちパスタ、オレッキエッテ
みんなで打って、みんなでこねて、みんなで成型して、

茹で上がって冷ましたものを、
別のボールで準備した、
トマト、水牛のモッツァレッラ、バジリコ、ルッコラ、
ニンニクとオイルに加えて、

c0155755_61411100.jpg


ちゃっ、ちゃっと、混ぜてお皿に盛るだけ

c0155755_6171486.jpg


出来上がり♪

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつものように出来たのに、、、
だがやはり、真夏に食べた時ほどの感動はない。
やはり、夏は、終わったのだ。。。

そして隣には、
クリスマスメニューについて、延々と熱く語るG先生。。。
熱く語る、その口調とは裏腹に、

私の心は冷めていく。。。

ああ、これから、

長い、冬が来るのだと。。。。
[PR]
by giulio71 | 2012-09-26 06:25 | 料理教室メニューより



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧