料理サロン La cucina di Giulio

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミラノのスリ、増えてるかも。。

先ほど、友人からトラムでスリに遭ったのでデヌンチャ(被害届け)をしに行くところなの、と電話がありました。

トラムにほんの少し乗っている間、なのだそうですが、在住の長い人でも日本から来たばかりの人と一緒にいると旅行者に見えてしまうのか、狙われやすくなるようですね。

特に赤ちゃんを連れたお母さんは標的になりやすいのが哀しい現実。
ベビーカーを乗せたり、子供に気を取られている間にお財布をスラれそうになった話もずいぶん聞きました。

例えば9番トラム。
車両前方に座席が多いのですが、この連結部分にスリがよく潜んでいる、と聞きます。
恐ろしいことにグループの犯行が基本。
赤ちゃんを抱っこして空席を探していると、前方に座っているおばあちゃんが、

”ここに空席があるよ~”と手招き。

あら、ありがとう!と連結部を通り抜けて行こうとすると、
そこで待ち伏せしている男達が財布をすろうとする、と聞いた事があります。
リュックは特に狙われやすいようです。

でも皆さん、怯えないでね!
少しでも怪しいっと思ったら、遠慮なく叫んでください。
ほぼそれで、逃げて行きます。

私もいつだったか、バスに乗っていた時のこと。
買ったばかりのケーキを落とさないように持っていた時に、突然背後からジブシーっぽい異臭。
とっさにバッグが開いているような、、嫌な予感がして叫んだことがあったのですが、
叫んでからバッグを見ると、浅黒い手がさ~っと引いていくところでした。

何事も無く終わって見ると、叫んだ自分が凄く恥ずかしく思えたのですが、
ちょうど目が合った、初老の品のよい男性いわく、

”Hai fatto bene." (よくやった)


というわけで、皆様
イタリアでの基本はバッグはしっかり小脇に抱え、
いざとなったら叫ぶ、怒鳴る。

ちなみにペルメッソ ディ ソッジョルノ(滞在許可証)は盗まれたら再発行に130ユーロ、なんだそうです。
これも一緒に持っていかれた日には、泣きっ面に、ハチ、ですね。。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2012-03-23 07:39 | イタリア情報

旅先で病気になると。。イタリアの場合

前回からの続きです。

その前に、これから海外旅行に出掛ける皆様にアドバイス。

出発前は充分休息を取りましょう。
飛行機で寝れば元気になる、のは30歳までだと思ってください。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

More 続きを読む方はここをクリック
[PR]
by giulio71 | 2012-03-12 08:31 | イタリア情報

パークハイアット ミラノ

先日までお客様のアテンドの為、ミラノのホテルに半滞在状態でした。
ミラノに実際住んでいると、ミラノのホテルに泊まることはまずないのですが、友人が泊まっているホテルを訪ねたりすることはよくあります。
その中でも特別な空間と言えるのが、

Park Hyatt Milano
まず筆頭にあがるイメージが、

高級
モダン
敷居、高そう

の3拍子のように思えるホテルですが、
実際に滞在してみると、最後の敷居が高い、というのは全くないホテルです。

イタリアのホテルって良くも悪くも家族経営が多く、
その対応で印象のすべてが決まってしまう感もあるのですが、
このホテルの凄いところは、

従業員、誰一人イタリア人ぽくない

これに尽きる気がします。
つまり多国籍従業員なんですね。
英語力はイタリア語力よりも必須な気がするくらいです。

最初、正直ショックでした。
ベルボーイをはじめ、ルームサーヴィスなどすべて、
実に滑らかでないイタリア語で対応され、一瞬ここがミラノであることを忘れてしまうほどなんですよ。
更に、清掃用具にまで配合されたホテルアメニティの香り。
この華やかでいてシックな香りに日常生活を切り離されてしまう。。
素敵な空間です。

それにしても、この従業員のイタリア人人口の少なさが気になって、訊いてみたところ、
ハイアットグループなので、世界中から従業員が研修などを含めてやって来る、という答え。

正直私も昔、東京のハイアットホテルで働いていた経験があるけど、こうしたことは、なかったなあ。
外資系ホテルとは言えど、日本ならではのきめ細かいサーヴィスを売りにしていた気がします。

さて、この多国籍従業員のサーヴィスに身を投じること数日。
最初は疑問だった、イタリア語についても、どうやら彼らはきちんとわかっていることが判明。
そのくらいから、突然このホテルは快適度を増してきます。

何が快適かと言えば、ずばり、

自分ひとりがイタリア人でないことの孤独
言葉が不自由なコンプレックスもあまり感じずに済む



例えば、老舗のヨーロッパのホテルは素敵だけれども、
伝統や従業員の古めかしさに圧倒され、くつろげない経験ってありがちだと思うんです。

でもこのパークハイアットにはそれがない。
建築はモダン、だけれど、
底抜けに明るいラテン系ドアマンの笑顔。

洗練されたロビーラウンジを仕切るのは
仕事に忠実なサルデニア出身女性のベテランの給仕
きりっとしているけど、優しく、イタリア人とはちょっと違うプロ意識

東欧出身とすぐにわかる、ひとあたりのよい客室係り

イタリアなのに、全くそれを感じさせない不思議な人間空間。

廊下など、至る所に漂う、ラウラ トナットの香水、
それだけが、イタリアらしさ、だったと言えるかもしれません。

さてホテルのサーヴィスの良し悪しが分かるのは、
トラブルに遭遇した時。
今回のトラブルは、お客様のご病気でした。

続きます。

励みにクリックなどお願いしたいです
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2012-03-09 08:59 | 我が町ミラノ

手打ちパスタ、カヴァテッリのソレント風

今日から3月、とは思えないほど暖かい日々が続いています。
もうロングコートを着ている人なんか誰もいなくて、ウールのマフラーも、帽子もどこへやら。
イタリアの慶応、と呼ばれるボッコーニ大学周辺では既に裸足にバレリーナシューズの女子大生。
ミラノ、春全開です!

さて、春になると妙に食べたくなる南のパスタ料理。
濃厚なトマトソースにとろけるモッツァレッラチーズが糸ひけば、もうそれだけで皆さんうっとりです♪

まずはパスタ作りから、
今回は近所のパン屋から買ってきた小麦粉を使ってのパスタ作り。
この違いについては後日語るとして、

生地は卵なしでしっかりこね上げ、
少し生地を取り、
ナイフですーっと伸ばしてくるっと巻きます。

c0155755_7313198.jpg


皆さん驚いていましたが、
やってみると出来るもので、
こんなに上手にできました。

さて、これにからめるソースですが、
トマトソースも南らしく、
いつもより大目にオリーヴオイルを入れて、
さらにいつもより少し長めに煮込んで、
フレッシュモッツァレッラをどかん、と入れ、

トロットロになるまで溶かしたところで、
茹で上がったパスタを投入し、



c0155755_7411472.jpg




ほんっと、メチャうま、です!
食べながら、笑っちゃいます。

イタリア料理で何が美味しいって、、
やっぱりこういう料理じゃないかと、思います。
食べている間に、心までほっかほっかになって、
幸せのオーラまで出ちゃうような、、

そんな料理が、やっぱり一番かな♪

ちなみに、ソレント風としましたが、ヴェスビオ風とも呼ばれます。
要はピッツァ味のパスタですな。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

それにしても、食べ終わった後、
皿やフライパンにこびり付いたチーズを落とすのはいただけない。。
そんな訳で、リストランテで意外にみかけない、一皿ではないかと、思った午後でした。
[PR]
by giulio71 | 2012-03-02 07:56 | 料理教室メニューより



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧