料理サロン La cucina di Giulio

シミ島、日帰り記

レンタカーを借りてあちこち行くのもいいけれど、せっかく来たんだから一日くらい船に乗って他の島に行ってみたいと思いついた。Blu Clubお奨めのオプショナルツアーはシミ島。でもここのイタリア人と一緒に最初から最後まで一緒に行動するのでは耳も悪化するので勝手に自分達で日帰りを企画する。こんなこともあろうかと船の時刻表を入手してあったのだ。ガイドによると船はマンドラキかコマーシャルハーバーより出航とあるけれど、Blu Clubのコーディネーターはコマーシャルハーバーから朝9時に出る、と教えてくれた。こういう情報を与えることでオプショナルツアーの客を失う会社の損失を考えるよりもまずは自分がイイカッコすることを考えるのがイタリア人。日本人にはない親切さ!?である。さて、出航場所に疑問が残ったので念のため前日にコマーシャルハーバーに行ってみると、ここで間違いないと言われた。でもこの9時の船って時刻表にないんですけど?でもダメでも時刻表には10時の船もあるので取り合えず9時の船めざして翌朝切符売り場に行ってみた。シミ島からの帰りの船の時刻を確認してから帰りの切符を買おうと思い、訊ねてみると14時15分だという。でも11時過ぎに着いて帰りがそれでは時間が短すぎる。時刻表には夕方5時くらいの船もあるのでそれにしたいと言うと、帰りは14時15分のみで切符は往復しか買えないという。ここで私は初めて気がついた。どうやら今乗ろうとしている船はツアーボート(観光船)で自分が持っている時刻表のものとは別物であることに。。。だが幼い娘を連れてマンドラキまで移動するのはリスクを負う。ここはあきらめてツアーボートに乗ることにした。

出航時はロドス側の上のデッキに座ることをお奨めしたい。
素晴らしいパノラマを堪能できます。しばらく行くと、右手にトルコを見ながら2時間ほどの航海でシミ島に到着。
c0155755_6485884.jpg

素朴な島、というイメージを持っていたが思っていたよりも可愛らしい。ブログでみつけた美味しいタベルナに行って見たいけれど、帰りが2時すぎではゆっくり食事などしている暇はない。ましてその店は港から延々と坂道を上がった上の街にあるらしく、炎天下に4歳児を連れてはとても無理。港付近の散策で終えることにする。

c0155755_6554284.jpg
海綿は島の特産品。大きさもいろいろ。オリーブの石鹸などのお土産屋さんが並ぶ。その先にビーチがあるらしい。お昼は軽く済ませたかったのもあり、私はギリシャでやっと見つけたベーカリーで待望のチーズパイを買って大満足。パンって文化だと本当に思う。ジュリオはギロピタ(ドネルケバブのギリシャ版)のお店を見つけて突進していった。この話はまたいずれ。

お腹も一杯になり、散策に戻るがとにかく暑い!ましてこの時間に出歩くのが間違っているのだ。暑くてもう動けなくなっている娘を木陰において最後の写真を撮るべくほとんど階段の坂道を登る。何にもない、だがしかし、可愛い島である。こういう島こそ2週間滞在して、ロドスのような町には逆に日帰りで行くべきなんだろうな、と思う。こういう訪問の仕方は完全に間違っていたが、まあ来ないよりはよかったと思うしかない。
c0155755_761641.jpg
カリストラーダから見下ろすツアーボード。強風でも揺れることなく子連れにはよかった。定刻通りに出航。ロドス島着は6時頃だという。えっ?帰りは3時間以上かかるの?と思ったら寄港地があったのだ。だからツアーボートなんですね。停泊したのはパノルミティス、綺麗な教会が観光名所となっている。
c0155755_74431.jpg
停泊時間は小一時間ほど。だがキアラは船で眠り続けており、起きる様子もない。ブーゲンビリアの咲き乱れるギリシャ正教の教会を見学したのは私一人だった。


今回の旅行に際し、旅の楽しみを膨らませて下さった2つのブログに感謝します。
ギリシャのごはん
ギリシャ、ロードス島、シミ島旅行 (2007年10月25日~11月6日)

ブログランキングに参加しています↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ギリシャ情報へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援、ありがとうございます
[PR]
# by giulio71 | 2008-08-08 08:17 | ギリシャ

フォカッチャの美味しい、レヴェッロ本店

c0155755_5331480.jpg
 前回に引き続きカモッリのお話。リグーリア名物と言えばフォカッチャですが、ここ、Revelloはさすがに名店だけあって別格。といってもお店はカジュアルで天気の良い日は水着姿の人々がビーチで食べる一切れを求めてやってきます。

c0155755_5432034.jpg
店内入口には地元特産品のかなり甘いラム酒ベースのチョコレート菓子などが並ぶ。そして入口のTVモニターでは輝かしき東京、豊洲ららぽーと出店の模様のビデオが流されていた!
さて、フォカッチャを買って包んでもらうと。。。

c0155755_67217.jpg
なんと住所まで日本語で印刷されていた!!!アルファベットならいざ知らず、日本人観光客もほとんどいないこの町で日本語を見るのは衝撃に近い!?

c0155755_5514958.jpg
13時を過ぎていたのもあり、今回はシンプルなフォカッチャしか残っていなかった。これも美味しいけど、私としては他にストラッキーノ(チーズの薄~くてトロっとしたフォカッチャ)と玉ねぎのフォカッチャがお奨め。ストラッキーノは最初ハマッたけど今は食べすぎて飽き気味。それにひきかえ玉ねぎのフォカッチャは飽きの来ない定番。

c0155755_5584172.jpg
でもやっぱりシンプルなここならでのフォカッチャはミラネーゼも納得の美味しさ!?


初アップ出演のキアラにポチっと
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援、ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2008-06-29 06:49 | ミラノから日帰りで

IKEAの本棚を組み立てる

子供のおもちゃと増え続ける本を片付けるのに疲れて、収納家具を買おうと決心。まず開くのは北欧インテリアの大本山、イケアのカタログ、そして他には一切目もくれず見に行くのもIKEAのみ。

c0155755_1522487.jpg購入したのはLEKSVIKシリーズ、本棚の一番大きなもの。幅は1mですが、高さは2m33cmと結構高いけど我が家の唯一の自慢は高い天井なのでこれでもまだ上は余っちゃう。ただ車に乗らなかったので配送をお願いしました。129ユーロの本棚に配送料が50ユーロというのも難だけどまあ仕方ない。
さてこれが到着したその本棚。はい、もちろん組み立ては自分でするのです。

c0155755_1522492.jpgよく見ると箱に傷が!配送時に引っ掛けたらしく、本棚の内側になる部分が傷になっていました。021.gifクレームつければ交換してくれるけど、また何日も掛かるの嫌だし、もうよしとしました。イケア製品ってよく見ないと欠陥が時々あってその交換に足を運ばなくてはならないのが唯一の難点。
説明書をよーく見て各パーツを並べ、ねじを押し込み組み立てて、止め具を回してしっかり固定します。

c0155755_15242873.jpg右側に本棚の裏側になる部分を固定したら、側面になる右脇の板を上に載せる。ねじとねじをはめ込み、叩いて中に密着させて、また止め具を回して固定したらいよいよ立ち上げ。これは比較的簡単だったので30分も掛からなかった。066.gif







c0155755_15245560.jpgはい、完成しました! それにしても日本にいた時って買った家具を家に持ち込むと思ったより大きかったって事が多かったけど、イタリアだとなぜかいつも思っていたより小さい。
多分、ひと部屋が大きいんでしょうね。それと天井の高さかなあ。






それにしてもイケア製品、本当に楽しい。ブログなんか書いてないでイケアに履歴書送ってみようかなあ?組み立てにも自信あるし、あそこだけはイタリアの職場、ではないような気がする!?

ランキングアップにぽちっとよろしくお願いいたします
   ↓           ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援ありがとうございます。040.gif
[PR]
# by giulio71 | 2008-05-20 20:43 | インテリア

Naturino おしゃれな子供靴の店

キアラの夏のサンダルを買いに行ってきました。

c0155755_23161252.jpg
ウインドウには他の店にはないカラフルなオリジナルの靴がずらり。




c0155755_23172538.jpg
イタリアの高級子供靴といえばGusellaだけど、あまりにも高い! ここも安くはないけれど品質と値段のバランスはよいと思うので結局いつもここに戻ってきます。


c0155755_23205631.jpg
店内にはシューフィッターがいて、足をきちんと採寸してから合う靴を勧めてくれます。キアラは足幅が狭いのでこうしてきちんとみてくれるとやっぱり安心。どれも皆可愛くて迷ってしまいます。このシリーズは58ユーロ前後でした。




c0155755_23372280.jpg

手前の白いサンダルは足首に微妙に当たってしまうということで緑の方を選びました。キアラも気に入ってくれてよかった!それにしても一足買うのも安くはないのに、ここに来るイタリア人って一度に2足も3足も買っていく!すぐに履けなくなるのに。イタリア人の靴好きはここから始まるんでしょうね。


c0155755_23434543.jpg
子供靴の店ですが、サイズは大人サイズまであります。足が小さくて靴選びに困っている方も可愛らしいのが見つかるかもしれません。冬はシックなブーツも登場します。

Naturino
Via Durini 4 Milano
tel: +39 02 784343
http://www.naturino.com

ランキングアップにぽちっとよろしくお願いいたします。040.gif
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
# by giulio71 | 2008-05-18 00:04 | 我が町ミラノ

マドモアゼルいくこさんの 苺のチーズケーキ

わたしの手元にボロボロになった一冊の本があります。
マドモアゼルいくこ著”秘密のケーキづくり”です。当時はお菓子の本といえば、写真ばかり立派なゴテゴテとしたデコレーションケーキの本ばかりで、この本は革新的でした。
彼女の挿絵と文章は簡潔でわかりやすく、レシピもシンプル。台所で粉のついた手でめくり、夜はベッドで明日なにを作るか考えながらページを追ったものでした。

ミラノの家にはごくわずかな愛読書しか持ってきていませんが、この本がたまたま料理教室に来てくださるお客様の目に留まり、この方もかつてこの本を所有していたと言う事で話が盛り上がりました。
昭和53年に発行されたこの本は今では絶版になっているだろうと思いつつ、ネットで調べてみると嬉しい事にファンが多い為、復刻版になったというではありませんか!(右下のライフログご覧下さい)なんだかもう感激して5月メニューのデザートはこの中から今が旬の苺のチーズケーキにしようと再び本を開きました。

イタリアの苺は日本のものより水気が少ないような気がしますが、形も不ぞろいで惜しげなくつぶせます。思えばこの本を買った頃は苺の旬には小粒の安い苺が出回っていたのでそれを使って作っていたのですが、今や日本で苺は高値の華。あまおうどころか栃乙女ですら勿体無くてつぶせません。あまおうは収穫しやすいように大粒に品種改良されたとのことですが、あの昔の小粒苺、ちょっと懐かしいですね。さてこれがそのチーズケーキです。

c0155755_7563652.jpg

表面のチーズクリームに下の苺ソースがにじみ出ているのがわかりますか?

レシピには ”焼きあがってから冷蔵庫に入れて3日待つこと、食いしん坊のいる家は冷蔵庫に鍵をかけるべし!”と書いてあります。そして待っている間にこの薄いピンク色がにじみ出てくるのです。さて、切ってみましょうね。

c0155755_804515.jpg
 

本当に甘さをおさえたレシピで苺の甘酸っぱさとチーズケーキよく調和しています。そして特筆すべきはこの方のどこまでも家庭的な優しい味わいのレシピ。あの頃の日本では食といえばフランスが憧れでイタリアの話なんて誰もしてなかったっけ。。。

ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ 
人気ブログランキングへ   

マドモアゼルいくこさんのファンの方、お便り下さいね。
[PR]
# by giulio71 | 2008-05-14 00:39 | デザート

成人の重国籍を認めて欲しいと思いませんか?

日本人に生まれて生涯日本で暮らす人にはなんの関係もない話かもしれませんが、イタリア人と結婚した私は無期限のイタリア滞在、及び労働を認められているものの、EU市民権は与えられていません。

それは日本政府が成人の二重国籍を認めていないからです。よって日本国籍を放棄しないかぎり、EU市民権を得る事は出来無いのです。ですが、日本人でありながら日本国籍を放棄することは帰国の際にかなりのデメリットが生じる為、現状はかなりの人が私のような立場にいることと推測いたします。

子供に関しては、22歳までは二重国籍を認められていますが、どうかするとまだ学業のさなかにあるこの年齢で将来の国籍を選択するというのは、時に父母のいずれかを選ばなければならないに匹敵する厳しさがあることでしょう。

私も娘が生まれてから漠然といつかこの問題が解決してくれることを願っていましたが、3月号のCOME VA?に重国籍の容認を認める為の請願団体があることが載せられていました。

重国籍請願は毎年行われるので翌年には前年の署名は無効になってしまうそうです。詳細は下記URLにアクセスしてご覧下さい。署名をするには請願書をダウンロード、印刷して直筆の署名をし、日本かスイスに郵送するシステムになっています。締め切りは8月31日です。

請願団体 IST請願の会
http://www.kouenkai.org/ist/seiganf/index.html

どうか一人でも多くの方が賛同して下さることを祈ります。
賛同して下さる方、恐れ入りますがついでにランキングクリックも、、、よろしくお願いいたます040.gif
↓              ↓         ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
# by giulio71 | 2008-03-16 06:53 | 海外生活(非公開)

予約6カ月待ちのリストランテ D'O


滅多にないことなのですが、話題のリストランテに行って来ました。

昨年暮れに着物の着付けを頼まれて伺った先が日本人でシェフをしている方の奥様だったのですが、お話を聞いているうちにどうしても行ってみたくなり予約をお願いするとなんと4月まで一杯だと言うではありませんか!?(まだ年も明けてないのに) 

でもランチならなんとかなるかもしれない、というので2月にトライしたのですがやはり取れず、ようやく3月になって今回予約が取れた次第です。いやはや。ランチですよ?

コースメニューはランチが11.50EURO  夜は32EURO
この値段だけ見ると非常にありふれたトラットリアのようですが、ここ実はあのGualtiero Marchesi氏の愛弟子Davide Oldani 氏のお店。

そして厨房を預かるのは彼とやはりマルケージ氏の元で長年共に働いてきた上記の松本氏、なので当然cucina alta, 伝統的なイタリア料理が出てくるはずもないのであります。

お店がオープンしたのは2003年、オープニングディナーに駆けつけたジャーナリストは150EURO相当のコースメニュー設定を予想していたらしいのですが、蓋を開けてみるとたったの32EUROだったのでかなり話題に上ったとか。

以来予約の電話が鳴り続け席はいつも満席、キャンセル待ち。最近電話が一台ついに故障。鳴り過ぎた!?

さて着席してメニューを広げてみると、確かにコースメニューは上記の通り。
でもね、松本氏は言うのです。

コースメニューとアラカルトにはかなりの差があると。
ここはぜひ自慢のアラカルトの数々を試してもらいたいと。


まあそうですよね、だってこんなに予約が取れないんじゃいつまた来れるかわかりませんから。で、お勧めに従って選んだのは。。。。まずアンティパストとして、

Cipolla Caramellata Parmiggiano caldo e freddo
タルトタタンってあるでしょ?あれはリンゴですがこれは玉ねぎを使い、ふちにキャラメルがけをして上にパルミジャーノのジェラートを載せています。
熱々のパイと塩味のジェラートが溶け合ってとてもフランス的。でも主役は甘い玉葱。
期待を盛り上げる素敵な滑り出しの一品。さてプリモは、

Profumo di carciofo, vaniglia e riso mantecato
なんとヴァニラ風味のリゾット!
ヴァニラの黒い粉がシックですらある!
その上にカルチョフィの根元の部分だけを丸く切り取ったものが水玉のように載せてあり、盛り付けはモダン。

これは非常にバランスの難しい一品ですね。ヴァニラとパルミジャーノ、加減を一歩間違えると目も当てられなくなってしまうけれどそのバランスはさすが。
食べているうちにヴァニラの香りで気分が華やかに高揚してくるのが分かります。ヴァニラの作用ってお菓子が甘いからだけじゃないんですね。
そしてセコンドとして、

Coscia d'anatra"APICIUS"
メニューを見る限り、フランス的ですから試したいのは鴨料理。弱火でじっくり時間をかけて焼いた鴨。
皮はもうカリカリでその上に粒胡椒やひまわりの種を細かく砕いたものをまぶし、さらにクロッカンテ(カリカリ感)に仕上げています。ソースも秀抜。
私の本日の一番のお気に入りとなりました。
では外せないドルチェへ。

Zuppa Inglese "DO"
Dolce di Pistacchio e patata con frutto della passione
ズッパイングレーゼは予想とかけ離れ、セルクルで成型した上に美しい焼き色のついたメレンゲの雲が乗っていました。
ピスタチオのお菓子は抹茶のような緑色のムースでパッションフルーツの甘酸っぱいオレンジ色のソースを添えられたもの。どちらも非常に甘さを抑えており、デリケート。

すべてのお料理のコンセプトが一皿の中にコントラストがあること。
熱いものと冷たいもの、柔らかさとカリっとした食感などです。
デリケートかつ絶妙にバランスの取れたさじ加減と食感そして香り。

美味しいという言葉はここでは平凡すぎるので上記では省略いたしました。メニューはシーズンごとに全て入れ替えられるそうです。

久しぶりに日常を忘れるひと時でした。家庭料理とは全く異なる外食をする意味を改めて考えさせられました。お店が洗練されすぎてないのも私達にはよかったです。サービスはむしろ家庭的、特にソムリエのサービスはよかったですね、simpatico!とても感じがよかったです。
気になるお会計はこれに飲み物を入れて一人50~60euroほど。

さて予約状況ですが、夜は3月現在で9月まで満席。
予約をされた方は数日前に必ず再確認の電話を入れましょう。それをしないとキャンセル待ちの方に席が行ってしまうこともあるそうですので。

お料理の写真は基本的にお断りしているそうなのでありません。日本の雑誌の4月号に載るそうですから興味のある方は探してみてくださいね。

Ristorante D'O
Via Magenta, 18 San Pietro Olmo - Cornaredo (MI)
Telefono: 02.9362209
日曜と月曜はお休み

場所はミラノ郊外西部。Via Novaraを出て真直ぐ行き、Settimo Milaneseを越えたところがCornaredo。標識に従ってSan Pietro Olmoに入るとそのメインストリート上。

ブログランキングに参加しています。
どちらもクリックして応援して頂けるととても嬉しいです。
    ↓       ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
# by giulio71 | 2008-03-08 07:31 | 美味しい店



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧