料理サロン La cucina di Giulio

今年もよろしくの思いをこめて

ふと気がつけば1月も半ばを過ぎていた。
しつこいほど売っていたパネットーネもようやくベファーナと共に姿を消し、店先にはキャッケレが山のように積まれている。

もうカーニバルがそこまで来ているんですね。
思えば、いろいろ考えた昨年でした。

実は昨年、もう少し広い家に引っ越したい!と一人立ち上がった私。
数多くのアパートを物色し、見積もりし、交渉まで何件かしてみたのですが、
これ、と言う物件がなかなか見つからず、悩みぬいておりました。
料理教室が出来るスペースを確保しながら、予算を守るって、、
いやあ、実に厳しいものです(涙)

物件が決まってから、この話はきちんとブログに書こうかと思っていたのですが、
いやはや、まだまだ長い話になりそうな予感がしてきました。
でも今年はなんとか決着したいものです。

さて、今日は料理教室だったのですが、
とってもおいしかったラザニアの話はさておいて、
おまけのデザートがとても可愛かったんですよ。

c0155755_8544952.jpg


タルトの上に、ジュリオ手作りのサクランボのジャムをのせ、その上にクリームチーズソース、3種類のベリーを並べています。

ジャム作りは、私と娘が夏に帰国している間の暇つぶしとして一人で作っていたものらしいのですが、先日友人(イタリア人)にひと瓶プレゼントしたら、

”恐ろしく美味しかった!!! 一晩で全部食べてしまったのよ(一人で)!
だからもう持って来ないでね!!!!!!!!!!”


こういう場合、本当にもうあげるべきじゃないのか、
催促だと悟ってもうひとつあげるべきなのか、

今だに迷ったりするイタリア生活です。
皆さんもこういうこと、ありますか?


ランキング参加中、下のバナーをクリック頂ければ嬉しいです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by giulio71 | 2013-01-23 09:05 | デザート

マシュマロを使った、ジュリオのクリスマスケーキ2013

今年もいよいよ大イベントの季節がやって来ました。
ジュリオの手間隙かけた、クリスマスケーキです。
どうぞご覧あれ。

c0155755_8215840.jpg


この季節限定のお菓子、パンドーロ。
それをベースにして、
中には刻んだマロングラッセを混ぜた生クリーム。

そして、表面はアイシングでもホワイトチョコレートでも、
はたまたマジパンでもない、

マシュマロ、でコーティングされています。

c0155755_8254571.jpg



なので、ケーキは見かけよりずっと柔らかく、
ちょっと表面がふんにゃり、していて面白い。

飾り物はもちろんマジパンやチョコレートなのですが、
今回、このクマさんの表情がとても優しくて、
ああ、ジュリオらしいなあって感動してしまいました。
優しい気持ちが、出るんですよね。。。

c0155755_829133.jpg


プレゼントも可愛いけど、
そのお隣にいるカタツムリさんが、、、
なんかちょっと笑えません?

皆様もどうかよいクリスマスを♪


お気に召して頂けたら、
下のバナーをクリックして下さいね。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-12-24 08:39 | デザート

オマール海老のカタラナ風

ブログをはじめてもう何年になるだろうか。
料理教室を始めたのが2007年で、その年の初めてのクリスマスメニューがこのアスティチェ アッラ カタラナ(オマール海老のカタラナ風)だったっけ。

さて、この料理が初めて我が家の食卓に登ったきっかけは、
ミラノの超有名リストランテ ダ ペスカトーレに行った事。
(渋る彼を半ば強引に私が連れ出した)

この店の看板料理は言わずと知れた、この料理なのですが、
つまらなそうに食べるG先生、

そして、一言。


”こんなのオレにも出来る。”

そして翌日、前夜の満腹の記憶も覚めやらぬ私の前で、生きたオマール海老を買ってきて同じ料理を作ったG先生。

c0155755_659397.jpg


ええ、素晴らしかったですよ。
ハッキリ言って、前日の店よりおいしかったですとも。

でもね、正直なところ、

翌日でなく、せめて一週間後に食べたかったですね!

それにしてもG先生、
あなたの凄いところはですね、、

食べ終わった後のコメントでした。


”美味しいけど、高い。”
”手間とか考えると、やっぱり店で食べた方が割りに合うかなあ。”

   072.gif  072.gif  072.gif

だから食べに行こうよって事で店に行ったんじゃなかったっけ!?


そんな理由で我が家の食卓にも滅多に乗らないこの料理ですが、
今年は久しぶりに料理教室のクリスマスメニューに出してみました。

クールブイヨンで茹でたオマール海老をぶつ切りにして、サルデニア産の青みのあるトマト、トロペア産赤玉葱にドレッシングを加えて合えたもの。

c0155755_6594640.jpg



景気もどん底、先の希望もさして見えないイタリアですが、
クリスマスの食卓の豊かさは本当に凄いと毎年つくづく思う。
日本のクリスマスに何を食べていたのか、
だんだん思い出せなくなっている、今日この頃です。


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-12-15 07:25 | 料理教室メニューより

サツマイモは生では食べません

先ほどお昼の支度をしながら珍しくテレビをつけてみたら、

イタリアではあまりメジャーでない野菜、サツマイモの説明をやっていた。

さほど面白くもないので、適当に聞き流していたその時、聞こえてきたのが、

”日本人はこれを生で食します。”

  \@O@/ \@O@/ \@O@/

思わず画面に釘漬けになった私。

見ると、日本ではあまりお目に掛からない、ややオレンジがかったサツマイモを司会者のオヤジがスライスしながら横の美人タレントに渡している。

どうも、このまま食え、ということらしい。。。

一瞬こわばった顔をしたタレントだったが、
一口食し、

”ん~~~ おいしい~ 人参みたい~”

と必死のコメント。

その後も司会者は、日本人は生で食べるの好きだからね~、などと連発。

見ていた私はさすがに不愉快で、
どこかに抗議の電話でもしてやろうかと考えながら、
まあ、こんなことで頭に来ていてはこの国では暮らせないよ?と自分を(例によって)なだめる。

それにしてもサツマイモは生で食べないでしょ?
一体どこからこんな発想が浮かんだのかしら??
日本のどこかの地域では生で食べたりするのかしらね???

と、テレビを消したその瞬間、
気づいたのだった。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

それは、

山芋(長いも)の間違いだったと。。。
[PR]
# by giulio71 | 2012-11-29 22:42 | イタリア人

帰宅して、冷蔵庫開けたら。。。

料理教室終了後、
いつものように娘を学校に迎えに行き、帰宅。

さて夕飯どうしようかな~と冷蔵庫を開けると。。。


ぎゃっ!!!!!
なんじゃこれ???


c0155755_883788.jpg



よ~く見て見ると、、、



c0155755_8103579.jpg


マジパン細工のクマだった(汗。。。

クリスマスは、近いようである。。。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
# by giulio71 | 2012-11-21 08:15

料理教室とワイン 気分はすでに忘年会?

最近、料理教室で異様に盛り上がる日がある。
作っている段階ではまあ普通なのだけれど、
料理が完成に近づき、私がテーブルクロスを出そうとすると、
待ってましたっとばかりに手伝いの手が入るのである。

11時開始、通常食べはじめるのは早くても13時。
確かにお腹も空く頃ではあるのだけれど、
料理以外のお楽しみ、さてそれは。。。


もちろんワイン069.gif


ワインの選び方は私なりのこだわりもあるのだけれど、
あくまでも料理が主役だし、予算上基本的に1種類。
しかも女性ばかりなのでアルコール度の高いものはNG、比較的軽いワインが基本。

さてさて、今日のメンバーはかなり飲めそうな顔ぶれだったのもあり、
いつかやってみよう、と思っていたランブルスコの大瓶を用意。

いくら何でも大瓶は無理でしょ~っと笑いを取るのが狙い。
なのでさすがにテレ笑いをしている皆様に、

”まあそうがんばらなくても残ったら、今夜私とジュリオが飲みますから^^”
と言いつつ、写真を撮って乾杯。いただきま~す♪

c0155755_8265218.jpg


前菜はポーチ ド エッグをほうれん草のソテーの上にのせ、さらにゴルゴンゾーラのクリームソースをかけたもの。

わ~ 美味し~い♪♪
という声が聞こえてくる。
美味しいのは料理か? お酒か??

次はプリモピアット。

c0155755_8313936.jpg


詰め物をしたニョッキのトマトソース和え
中にはアルトアディジェ産のスペックとアオスタ産フォンティーナチーズ、
これだけでもしっかり美味しいけど、少なめにからめたトマトソースがさらに追い討ちを掛けてたまらなく美味しい。

わ~ もっちもち~♪♪
美味し~い♪♪♪

の声の共に聞こえてくるグラスと瓶の触れ合う音。
そしていつしか懐かしい御三家アイドルへと話は発展していく。

御三家とは、
郷ひろみ、野口五郎、あれ、残りは沢田研二だったっけ?

などという世代差を感じる発言まで飛び出し、ふと見ると大瓶ボトルは半分くらいに減っていた。069.gif

そして、セコンドピアット

c0155755_8415672.jpg


ジュリオ風、豚肉のスペアリブ
これがランブルスコに合うのは、言うまでも無いだろう。。。

さすがに皆さん、お腹がはちきれそうになったのか、
食べるスピードがやや落ちていく。

歌と手拍子にまでは発展しなかったものの、
かなりの賑わいをみせた盛り上がりの後、
そろそろカフェとデザートでも、、と思った瞬間、


”あ~、ワイン終わっちゃった~ 
すみませ~ん、今夜の御宅の分なくなっちゃいました~”


     072.gif072.gif072.gif

というわけで今夜は、罪悪感を感じた(?)お客様がこのネタをブログに書かれるのを恐れていらしたので、久しぶりに更新する気になりました(爆笑)

皆様、我が家の料理教室は、楽しむ為にあります。
一緒に作りたい人も、作りたくない人も、楽しんでお帰り頂くのが私とジュリオの喜びです。

やっぱりランブルスコはいいですね。
しばらく定番にするか、ちょっと考えてみます^^;


クリックね~ん♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

でも正直、微妙です。
アルコール度8%でガンガン行くのと、
12%で控えめに行くのと、
果たしてどっちがいいのやら。。。。
[PR]
# by giulio71 | 2012-11-15 09:15 | 料理教室メニューより

ダイエットの味方、リコッタチーズのプリン

パンナコッタ、と言えばイタリアンスイーツの代表格の一つ。

私も大好きで、以前はよくデザートに注文したものでしたが、
ある時、実際作って見ると、その生クリームの半端でない量に呆然005.gif

以来恐ろしくて、しばし遠ざかっておりました。

でもあのカラメルソースをかけたパンナコッタはやはり懐かしく、
たまには食べたいな~と思っていたところ、
こんなものが。。。


c0155755_5154761.jpg



きっかけは、私とキアラが不在だった長い夏休み。

一人留守番で退屈していたジュリオがある日、

冷蔵庫にダイエット用に買ってはおいたけど、
持て余していたリコッタチーズで遊んでいるうちに出来たんだそうです。

リコッタを使っているわりにはさほどチーズ味でもなく、
裏ごしもしているせいか、ぷるんっ、となめらかな舌触り♪
なのにパンナコッタより50%もカロリーオフ!
嬉しいではありませんか016.gif

最初はあくまでもダイエット用デザートとして出されたので、
カラメルソースもなく、シナモンをかけただけのシンプルさだったのですが、

やっぱりカラメルソースは外せないわっと、
料理教室用にはしっかりとリクエストいたしました。

皆様、お気に召して頂けたら嬉しいな~


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-10-15 05:33 | デザート

小麦アレルギーと最近のG先生

だいぶ前から更新が少なくなった理由はいくつかあるのですが、
最近また更に理由が増えました。

実は我が家にもう一人、ブロガーが誕生しまして、

新人ブロガーならではの、がんばり、と言うんでしょうか、

ヒマさえあれば、更新に向かっての準備、

つまり、料理して、写真を撮って、etc..

というのを見ているだけで、もう

私自身の更新はどうでもよくなってきてしまうんですね^^;

まして新ブログを立ちあげたのが、

マイブログ最大のネタ、G先生なんですから

私なんかもう引退してもいいのかもしれません(汗。。


さて、そんなG先生のブログより

c0155755_5483536.jpg


さらにチョコレートがけして

c0155755_5495980.jpg


ところで一見普通のお菓子にみえるこれらの作品ですが、
実はすべて小麦粉を使用せず、グルテンフリーに仕上げています。

つまり、小麦アレルギーの人でも食べられるレシピの数々を
研究して、ブログにレシピを出しているわけです。

c0155755_5532429.jpg


ジュリオ自身は小麦にアレルギーはないのですが、
兄弟の中に、結構深刻なアレルギーを持つ人がいたり、
友人の何人かが大人になってからアレルギー持ちだと気がついたり、
ヨーロッパ内で小麦病が進んでいるのは間違いがなさそうです。

小麦アレルギーの人の食事の難しさは、
例えば家の外で特別にグルテンフリーのパスタを茹でてもらえるとしても、
鍋の中に普通のパスタを茹でた時の小麦が残っていたりするともうアウトだったり、

和食にしても何気ない醤油に小麦が少量、発酵のために使われていたり、
けっこう落とし穴があったりするんですね。

なので、アレルギーのある人も無い人も
一緒に食べられる美味しいレシピを、と
ジュリオが心がけるようになってから、
もう10年以上が過ぎました。

c0155755_557249.jpg


何度かアレルギー用の料理教室も開こうか、と
考えたこともあったようですが、
食材のコンタミ(混入)があった時のことを思うと、
やはり現状は難しい。

なので、せめてブログで少し紹介することにしたようです。
もちろんイタリア語なのですが、
プロセスの写真が多く、手順がわかりやすいので、
よかったら覗いてみて下さいね。
今後はカクテルなども紹介していくようです。

tra Shaker & Fornelli

更新のはげみに、ぽちっとお願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

次回はダイエット用パンナコッタの紹介、かな?!
今週中にSee you!
[PR]
# by giulio71 | 2012-10-09 06:16 | デザート

夏よ、行かないで~ オレッキエッテの冷たいパスタ

ミラノに住み初めてまだ間もない頃。
夏の終わりに聞いたイタリア人の言葉。

”がっかりだわ。もう夏が終わっていく。
これから長い冬が始まるのだと思うともうユウウツ。。。”

ゆったりとした春と秋のある日本で生まれ育った私には、この言葉が大げさに思えたものだったけど、あれから何年もミラノの冬を経験した後、今ではこのセリフは私のもの。

ひと雨ごとに季節が変わっていく。。
まだかろうじて半袖で過ごせる日中もあるけれど、夏が終わってしまったのには間違いない。

今日は料理教室だったのですが、
来て下さったお客様の中にも、在伊が長い人はさすがにこの気持ちが分かるらしく、
去り行く夏が惜しまれて、まだサンダルにしがみついていたい、と言う言葉に納得、納得。

そんなこんなで、9月の我が家はまだ夏メニュー(笑)

c0155755_612275.jpg


プーリア地方の手打ちパスタ、オレッキエッテ
みんなで打って、みんなでこねて、みんなで成型して、

茹で上がって冷ましたものを、
別のボールで準備した、
トマト、水牛のモッツァレッラ、バジリコ、ルッコラ、
ニンニクとオイルに加えて、

c0155755_61411100.jpg


ちゃっ、ちゃっと、混ぜてお皿に盛るだけ

c0155755_6171486.jpg


出来上がり♪

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつものように出来たのに、、、
だがやはり、真夏に食べた時ほどの感動はない。
やはり、夏は、終わったのだ。。。

そして隣には、
クリスマスメニューについて、延々と熱く語るG先生。。。
熱く語る、その口調とは裏腹に、

私の心は冷めていく。。。

ああ、これから、

長い、冬が来るのだと。。。。
[PR]
# by giulio71 | 2012-09-26 06:25 | 料理教室メニューより

サルデーニアの、ど真ん中の忘れられない朝食と、

c0155755_512095.jpg


今回サルデーニアに行く事になったのは、海バカンスの為でなく、古い友人の結婚式に出席する為だったのですが、それがまた、サルデーニアのど真ん中でして(笑)
高級リゾート地のイメージからはほど遠い、サルデーニアの別の顔をたっぷり拝見してきました。

決してお洒落とは言えない、シンプルな作りの住宅の玄関先には椅子が置いてあり、暇な時にはそこに座って時間を過ごす村の人々。

清貧、という言葉がまだ残っているのを思い出させてくれる村の風景。
落書きや破壊などなく、汚れもない通り。
男は鳥打帽をかぶり、女は地域によって微妙に違うモノトーンのギャザースカート、全体的に黒っぽい服装、白髪混じりの黒髪をシニヨンに結っている。

強い日差しのせいか、都会の人よりも深く刻まれた目元のシワ、でも瞳はイタリア人とは少し違う、実直そうな輝き。。


さて、結婚式前後の宿ですが、
町中のホテルを蹴って、ジュリオが選んだのは農場の経営する民宿。

ここには牛をはじめ、羊や馬も飼われており、出されるものはすべて手作り。

その忘れられなかった朝食が、これ。

c0155755_5371031.jpg


ひどく質素、と思う方もいるかもしれませんね。
手作りの細長いビスケット、紙のように薄いパンとジャムとコーヒー。

ここまではどうってこともなかったのですが、
感動したのはこの小鍋に入った牛乳。

写真でもわかると思いますが、
上に黄色いバターのようなモノが浮いていますね?
つまり、絞ったままの、牛の乳なんです。

それを小鍋に入れて暖めるのですが、
冷めてくると脂肪やたんぱく質が分離してきます。

なので、茶こしのようなもので漉して、茶碗にミルクを入れるわけです。

c0155755_5432542.jpg


するとだんだん、茶こしの中にチーズのようなものが溜まってくる。

これをスプーンですくって食べると、、、







うっわ~~~~~~


まるでとろっとろのモッツァレッラというか、、、、


あとは家族3人で、奪い合いでしたーー;


こうして朝から滋養たっぷりの朝食を取った私達を待っていたのは、
サルデニアのご馳走尽くしの結婚式。

幸いにも眠くてダウンしてくれた娘を連れて、
(おかげで朝まで踊らずにすんだ。。。)
丘の上のこの明かりひとつついていない宿に戻った私達を迎えてくれたのは、

満点の、無数の星空と、

既に眠ってしまった経営者に変わって宿泊客を歓迎する為、
暗闇で飛びついてくる4匹の甘えん坊の犬たち^^;

大の犬好きの私ですが、
さすがに山奥の深夜、まっ暗闇で複数の犬に飛びつかれるのは冷や汗もので、、
この宿の名前は、
あえてふせておくことにします028.gif

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
やはり応援クリックは励みになるものです。
よろしければ今日も上のバナーをポチっとお願いいたします。
[PR]
# by giulio71 | 2012-09-24 06:12 | イタリア情報



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧