料理サロン La cucina di Giulio

タグ:きもの ( 7 ) タグの人気記事

スカラ座マダムバタフライ 着物コレクションにみる驚異の最新技術

毎年12月7日はミラノは祝日。
それはミラノの守護聖人アンブロージョの日であり、
スカラ座のシーズンオープンの日でもあります。

2016-17年オープニングの出し物はオペラ、マダムバタフライ(蝶々夫人)
日伊国交150周年である2016年最後を飾るにふさわしい演目、
さらに112年ぶりとなる初演版で話題性てんこもり。

c0155755_1353632.jpg


実は友人の息子さん(前回のブログにのってたりします)が子役を演じる事になり、
幸運にも鑑賞の機会に恵まれまして、、
蝶々さん役のシーリは安定した歌唱力だし、
新演出や舞台装置も素敵なのだけれど、
着物好きの私としては、衣装の数々が面白くて、
近くで見たくてたまらないっ と思っていた矢先、、

c0155755_1395451.jpg


ふと、通りかかったミラノのリナシェンテのウインドウに、
なんと、その衣装の一部が展示されていて目が釘付け!

c0155755_1413639.jpg


舞台で、イタリア人が本物の重たい着物と帯を締めて耐えられるはずないし、
衣装はふんわりと軽そうだったので、
どんな素材かなあ、帯は厚紙に布を張って堅くしてるかなあ、
などとずっと気になっていたのです。

皆様、おわかりになりますか?
錦織や綴れ織に見える帯をはじめ、着物の材質。
絹でもなければ、木綿でもない、それは、

c0155755_1442448.jpg


なんと、不織布!
あの、よく紙袋代わりに使う、
柔らかい布でも紙でもない、
あれです!
それにプリントをして作っているわけです。
すごい最新技術のキモノもあったもんだ。。。
色合いも見事で、技術の高さが伺えます。
カーニバルの子供の仮装などからこういった安い素材で衣装を作ることを思いつくのでしょうね。
日本人には中々辿り着けない発想だと思います。

そしてなにより、伝統的な髪飾りを斬新に使った日本髪。
ヘッドホンまで付けて遊び心もばっちり!
かねてから、イタリア人の美意識には感服し続けていますが、
今回は本当に度肝を抜かれました。
もしかしたら、これが、
キモノ新時代なのかもしれません。

最近、着物の仕事が多く、中々昼の料理教室が開けないのですが、
今年来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
よいクリスマスをお過ごし下さいね。

よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2016-12-16 02:23 | 着物 KIMONO

帯と羽織、イタリア風

仕事でしばらくローマに滞在しました。
予約していたはずのコロッセオ入場は、
実に長いこと並ばされ観光意欲も薄れてしまいましたが、
お仕事はとても楽しかったです。

その中でも嬉しく思ったのが、、コレ!

c0155755_510931.jpg


イタリア風、帯ベルト!
本物の日本の帯を使っています
その色あわせのセンスはイタリア人ならでは!

c0155755_512799.jpg


写真ではわかりにくいですが、
着物の羽織に合わせています。

イタリア人が考え、提案する着物ファッション049.gif

着物は着付けが難しく、動作が楽でない為、
羽織であこがれの着物気分、ということなんですね。
着こなしのコツは、あくまでもきりっと、シックに!


作り手、かつ販売員であるイタリア女性は、
キャミソール+レギンズの上に黒い羽織を着て、軽く前を合わせ、
細いウエストを強調するようにこの帯ベルトを締めていました。
ウェービーな赤毛の髪がよく合ってとてもかっこよく、素敵でした。

最近、着物の仕事で黒の一つ紋付の羽織を実によく着ていました。
とくに一重仕立てのものは、軽く扱えてカーディガン代わりにとても重宝。
紋付だから、なにか行事?という固定観念のない外国では、自由に着こなせて嬉しい限りです。

外国に着物、ひと揃えを持参するのは大変ですが、
羽織一枚で日本らしさはかなり出せます。
組み合わせ次第でまだまだ発展できる羽織、
見直されてみてはいかが?


ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2015-05-13 05:38 | 着物 KIMONO

澤選手、着物姿素敵でしたね

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて私事ですが、毎年成人の日になると結構な郷愁に襲われます。
日本にいた頃、私にとって成人の日というのは毎年凍えそうな夜明けと共に呉服屋さんや美容院で20歳のお嬢さん方の着付けを半ば汗だくになりながら行うのが習慣でした。
終わった後は、式典から帰って来る振袖姿の数々を路上で拝見するのが楽しみでした。

あれから早10年が過ぎ。。。
いまや完全に失われた習慣なはずなのに、どうもなんだかさぼっているような錯覚さえ覚え、ミラノにいても未だどうも落ち着かない成人の日となっています。

さてそんな落ち着かなさを解消すべく、今年の振り袖の傾向はどうだったのかしら?とネットで検索してみたところ、真っ先に出てくるのが超有名グループタレントの振り袖姿。
さぞかし可愛いんだろうな~、と思いきや、

これが、、、


もうげんなりするほどがっかりだったというか。。。


もうヘアスタイルも着付けもぐちゃぐちゃ。。。
可愛い顔でスタイルもいいのにどうしてこうなっちゃうのかな、と。。。
あれじゃその辺の田舎の美容院から出てきた子と変わらないじゃないですか。
振り袖は浴衣じゃないんですよ~~~


とまあがっかりした翌日、つまり今日の朝、
ミラノ市内で配られる無料の新聞、Metroの表紙を何気なく見たら、

そこに振り袖を着た澤選手の写真が!!!!!!!


一瞬、目を疑いましたが、、、
そのきちんとした着物姿を見たら、とても嬉しくなりましてね。
今更ながら思い出したんですよ。

着物は日本人の誇り だと。

ああして胸を張って、ビシっと着るものだと

だからスポーツ選手は例外なく着物が似合うんですね。


昨日は日本の着物はどうなってしまうんだろう、と本気で不安でしたが、今日はいいもの見せてもらいました。
澤選手、ありがとうございました。
受賞おめでとうございます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

男性もぜひ羽織袴で国際舞台に立って欲しいなあ。。
[PR]
by giulio71 | 2012-01-11 07:03 | 着物 KIMONO

さくらんぼはなかったけど

今日はヴェローナ近郊まで日帰り出張に行って来ました。
いえ、料理教室ではなく、着物の着付けです^^

結婚式にウエディングドレスでなく、どうしても着物が着たかったのだそうで、ありがたいことにご指名を受けました。

着いたのは緑豊かな少し小高い場所にある町。
思えばこの辺りはアマローネやヴァルポリッチェッラなどの有名ワインの産地、
そしてヴェローナと言えば私の中では、ロミオとジュリエットを差し置いて圧倒的な存在感を占めるのが、、、

さくらんぼ

5月の声を聞いた瞬間から、ヴェローナ産のドゥローニ、早く市場に出てこないかしら、、とそわそわするジュリオ家です^^

さて、今日の花嫁さんは、さくらんぼよりももっと赤い、見事な振り袖。

c0155755_6294276.jpg


ヘアメイクはイタリア人美容師の手によるもので、
ややしっかり目のメイクでしたが、振り袖がしっかりした色なので見事に調和していました。

ところで、この結婚式とても可愛かったんですよ。
教会の前に着いたら、まったく招待されていそうもない、近所中のおば様たちが今か今かと花嫁の到着を待ったいたんです!

ええ、もう服装からわかりますとも!
絶対に招待されてませんでした、あの人達(爆笑)
どこから聞きつけたのか、どうも日本人の着物の花嫁さんが来るらしいよ、と噂になっていたんでしょうね。みんなワクワク待っていたんです^^

やっと現れた花嫁さんを見て、みなさんびっくりですよ~
私なんか、もっとびっくりさせてやろうと思って、
自慢げに、”私が着付けたんですよ。”と言おうものなら、もう大騒ぎ!
この後ミラノまで帰るんだと言えば、さらにびっくり仰天です(爆笑)

その後、”式が終わってから私が駅まで車で送りますよ”、とかよぼついたお婆ちゃんに誘われたり、バスに乗れば、降りる場所を丁寧に教えてくれたり。。。
いい街だなあ、って思いました。
ミラノでは残念ですが、
こういうことは、無いですね。
花嫁さんはきっとこの街で幸せになれるな~と一人嬉しくなってしまった私でした。

さくらんぼの木は見かけなかったけど、
ヴェローナよいとこ。
また行きたいなあ。。。



よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2011-05-01 06:47 | 着物 KIMONO

3月の花嫁と卒園式

先週の土曜日は思い出深い一日でした。
午前中、結婚式の着付けの仕事でミラノ郊外へ。
今回初めて日本人でヘアメイクの出来る方とご一緒で、早朝から車中の話もはずむ♪

震災の後、ずっと沈みがちで笑う事もなかった日々でしたが、今日は結婚式。
花嫁のご両親は大変な思いをして日本を出てきた事でしょうし、なんとしても明るく和やかなムードにしたい。
その為には、とびきりきれいにしてあげなくてはね!

c0155755_6471189.jpg


久しぶりに伝統的な帯結びに仕上げました。
これはやはり日本人によるヘアメイクあってこそ、なのです。
いくら着物が古典的でもイタリア人のアップヘアは独特で(悪口ではありません)
古典的な帯結びは合わない事がほとんど。

c0155755_648244.jpg


着付けも終わり、いざ花婿さんの元へ。

c0155755_656926.jpg

      末永い御幸せを祈ります。


本当はもう少しお式を見て行きたかったけど、
この日は娘の通う日本人学校補習校の卒園式がありました。
幼稚部の卒園はやはり大切なものですからね。

でもこの後私を感動させたのは、
来賓の挨拶でも、幼稚部の子供の合唱でもなく、

その後に控えたパーティの為に保護者である
お母さん達が持ち寄ったお料理とお菓子の数々。

イタリアのお菓子はもちろん、様々なおにぎり、大福に桜餅、ゼリーやチーズケーキなどが次々に並べられるのを見た私達は、
被災者の皆様に申し訳ないような気持ちで一杯になりながら、
うっとりとそれらが並べられたテーブルに見とれていたのでした。

外は恐ろしいほどの雷雨だったのですが、
そんな恐怖もなんのその。
テーブルに殺到するハイエナのようにお腹の空いた、だけど幸せな子供達を見て数日ぶりにほのかな幸せを感じた一日でした。

最後になりましたが、日本赤十字社の義援金受付のリンクをご案内します。
http://www.jrc.or.jp/contribute/index.html

イタリア赤十字社のものは携帯からも募金出来るので手軽ですが、一回2ユーロではさほど集まりませんし、収益金の一部はイタリア赤十字のものになると聞いています。

日本へのダイレクトな募金、を考慮するとやはりベストなのは日本赤十字社ではないかと思います。
一口2千円からですが、クレジットカードからの引き落としで出来ます。
出来るだけ多くの方からの募金が集まりますように。


ついでに、、クリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます040.gif
[PR]
by giulio71 | 2011-03-22 07:48 | 着物 KIMONO

スカラ座の白鳥の湖ヌレエフ版

年末にスカラ座でバレエ鑑賞をしてきました。
まだたった6歳のキアラにバレエを見せてあげたくて、久しぶりに清水の舞台から飛び降りた次第です。

娘はともかく、私は着る物が無いので着物♪
紬なんか着るもんですか。 
綸子の付け下げにシックな金糸の帯よん。
お正月には二日早いけど、気分は既に紅白の帯締め。

東京での観劇は大体着物だった私ですが、
ミラノスカラ座での着物姿は以前から大事にしまっておいた、”引き出しの中の夢”(イタリア語でこういう言い方をします)
子連れだけどシンデレラ気分で劇場へ。

それにしても一体何人の見知らぬ人に話しかけられたことか!
キアラが見とれるロングドレスの美しい女性までもがこちらを見ている。
ああいいなあ、こういうのって♪

さて、演目はバレエ18番、”白鳥の湖”
ここからはネタバレなので、知りたくない方はこれにてお帰り下さいませ。

More 続きを読む方はここをクリック
[PR]
by giulio71 | 2011-01-05 08:57 | 我が町ミラノ

大和撫子ボンボニエーレ

今日はミラノ郊外まで花嫁さんの振り袖の着付けに行って来ました。
結婚式にはエピソードがつきものなので、いつもワクワクです。

さて、直前に伺った話だと花嫁さんの不安点は美容師さん。
友人の紹介で近所の美容院なのだけれど、挙式直前まで会った事がない。。。

確かにこれでは、不安ですよね。
しかも着物用のアップですからイタリア人にやれるのか?と思うのは普通。
私も正直、祈る思いだったのですが。。。

c0155755_0171174.jpg


ご覧下さいませ!
見事な仕上がりではありませんか!?!?!
やや後ろに張り出した夜会巻きなのですが、

c0155755_0191811.jpg


後ろにも、胡蝶蘭やデンファレをあしらっており、とても素敵です。
前髪の下ろし方もとてもお似合いで、今まで見たイタリア人美容師では一番上手でした。
といっても、後でこの美容師さん、パリコレなどでもお仕事をされたキャリアがあるとの事で、納得納得。。どこにどんな人がいるかなんて、実にわからないものです^^

でも今日私が一番感激したのは、コレ。

c0155755_0241159.jpg


花嫁さん手作りのボンボニエーレです。
中にコンフェッッティというアーモンドやチョコレートにアイシングをしたお菓子が入っています。
結婚式でお客様に差し上げるものなのですが、通常はもちろんウェディングらしい白っぽい色の小袋や小箱が主流。

こうした小さな品に驚くほど新郎新婦のライフスタイルや考えが反映されるものなのですが、これなどはまさしくその見本のように思えます。
アンティークの着物のはぎれを集めて作った袋の数々。
ひもはイタリアで作ってもらったんだそうですが、見事にマッチしていますね!
素晴らしいアイディアだと思います。


近年思うのですが、
イタリアで友人の多い人(つまり好かれる人)の共通点、というのはずばり、

人の為に骨をおしまずに何かをして上げられる人

こういう人は本当にいつも忙しくて、へとへとだったりするのですが、困った時にはいつも誰かが助けれくれたり恩恵の多い良い人生を送っているように思えるのです。
イタリアのマンマがその代表ではないでしょうか。

だからこのボンボニエーレを見た時に、この花嫁さんの幸せな将来が垣間見えたように思えまして、、
ね?そう思いませんか???


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by giulio71 | 2010-05-30 01:15 | 着物 KIMONO



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ジュリオの料理教室のご案内
 メニューなどの詳細はこちらをクリック↓
http://giulio71.exblog.jp/


ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。着付けのレッスンも出来ますので料理教室までご連絡下さい。
詳細はこちら
http://kimonitaly.exblog.jp/
**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。



カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧