料理サロン La cucina di Giulio

年明けから着物でスカラ座に行ける幸せ


久しぶりにスカラ座に行ってきました。
いえ、たまにふらっと行ってはいたのですが、久しぶりに2ヶ月以上前にチケットを買ったので、着物で行くことにしました。
本当は、娘にも着せて一緒にオペラ鑑賞をしたかったのですが、帰りにショッピングに行きたい野望を持つ年頃の娘は着物に知らん顔。
でもね、やっぱり年齢が上がると共に、着物の方が(特に冬場は)私は楽しめる。
どれ着ようかなあ、と考えて、すこし地味目に結城紬にしてみる。
これなら帰りにショッピングに行っても目立たないし、トラムにも乗れる。

でも、やっぱり目立ちますね、着物(笑)
ドーモ広場では一緒に写真撮ってー、と何故かアジア系の人たちが、
そして、スカラ座に着いてからもやはり注目を浴びる。

今日の演目はシュトラウスのこうもり
年末年始の定番オペラ。
あいにく予定していた巨匠メータは肩の手術で、若いドイツ人の指揮だったけど、
歌あり、踊りありで久しぶりに豪華なスカラ座の演目を見て満足。


さて、実は、皆さんにお知らせがあります。
この度、料理教室を閉めさせて頂くことになりました。
何年も通って下さったミラノのお客様や、日本からわざわざいらして下さった方々、
長年本当にありがとうございました。
中には自分が帰国してもずっとミラノでこの料理教室は続いて欲しい、と言って下さった方もいらしたのですが、、
本当にごめんなさいね。
どうかジュリオのレシピを参考に、皆様の食卓を楽しいものにして下さったら、こんなに嬉しいことはありません。
このサイトはしばらく残しますし、私はミラノにいますので、今度は着物のお話で呼んで頂ければ嬉しいです。
着物の着付け、及びレンタルサービスをミラノを中心にお伺いさせて頂きます。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

Ruriko
c0155755_23331955.jpg


[PR]
# by giulio71 | 2018-01-24 00:10 | 着物 KIMONO

スカラ座マダムバタフライ 着物コレクションにみる驚異の最新技術

毎年12月7日はミラノは祝日。
それはミラノの守護聖人アンブロージョの日であり、
スカラ座のシーズンオープンの日でもあります。

2016-17年オープニングの出し物はオペラ、マダムバタフライ(蝶々夫人)
日伊国交150周年である2016年最後を飾るにふさわしい演目、
さらに112年ぶりとなる初演版で話題性てんこもり。

c0155755_1353632.jpg


実は友人の息子さん(前回のブログにのってたりします)が子役を演じる事になり、
幸運にも鑑賞の機会に恵まれまして、、
蝶々さん役のシーリは安定した歌唱力だし、
新演出や舞台装置も素敵なのだけれど、
着物好きの私としては、衣装の数々が面白くて、
近くで見たくてたまらないっ と思っていた矢先、、

c0155755_1395451.jpg


ふと、通りかかったミラノのリナシェンテのウインドウに、
なんと、その衣装の一部が展示されていて目が釘付け!

c0155755_1413639.jpg


舞台で、イタリア人が本物の重たい着物と帯を締めて耐えられるはずないし、
衣装はふんわりと軽そうだったので、
どんな素材かなあ、帯は厚紙に布を張って堅くしてるかなあ、
などとずっと気になっていたのです。

皆様、おわかりになりますか?
錦織や綴れ織に見える帯をはじめ、着物の材質。
絹でもなければ、木綿でもない、それは、

c0155755_1442448.jpg


なんと、不織布!
あの、よく紙袋代わりに使う、
柔らかい布でも紙でもない、
あれです!
それにプリントをして作っているわけです。
すごい最新技術のキモノもあったもんだ。。。
色合いも見事で、技術の高さが伺えます。
カーニバルの子供の仮装などからこういった安い素材で衣装を作ることを思いつくのでしょうね。
日本人には中々辿り着けない発想だと思います。

そしてなにより、伝統的な髪飾りを斬新に使った日本髪。
ヘッドホンまで付けて遊び心もばっちり!
かねてから、イタリア人の美意識には感服し続けていますが、
今回は本当に度肝を抜かれました。
もしかしたら、これが、
キモノ新時代なのかもしれません。

最近、着物の仕事が多く、中々昼の料理教室が開けないのですが、
今年来てくださった皆様、本当にありがとうございました。
よいクリスマスをお過ごし下さいね。

よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2016-12-16 02:23 | 着物 KIMONO

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー3

最後はデザートです。
見た目は普通のフルーツタルトレット
でももちろん、小麦粉は使わず、でんぷん質の粉を使っています。
タルト生地もカスタードクリームも、小麦粉が入らない分だけ色が白い。

タルト生地は日本の懐かしいたまごボーロのようだという声が!
むしろ、こちらの方が美味しい!と喜んで下さる方もいらして、
とても嬉しくなりました。

c0155755_7152714.jpg


カスタードクリームはとてもさっぱりしています。
いつも思うのですが、イタリアの小麦粉って日本の小麦粉(主に北米、カナダからの輸入品)に比べると、漂白されていないせいもあり、小麦本来の味が強い。
なので、それを抜いてしまうことにより、残りの素材の味、とくに塩や砂糖の強さが特に目立ってしまう。
小麦粉はいろいろな意味でのつなぎなんですね。
ある意味、日本のお菓子に少し似ているような、そんなさっぱりした甘さの仕上がりでした。

ジュリオいわく、
小麦粉は石油のようなもの、最近は分解可能なでんぷんで出来たごみ袋なんかもあるけれど、
強さではビニール袋にはとてもかなわない。
料理の歴史は小麦粉を中心として発達してきただけに、代用は出来ても、
代用品では全く別のものにしかならない。

つまり、最後は小麦製品はやはり美味しい、ということなんですが、
そんな彼も、日々、さりげなく小麦製品の摂取を控えていたりします。
はっきりとアレルギーなわけでもないのですが、
出来るだけ控えた方が自分の体調にはよい、と思うのでしょうね。
時に断食が有効であるように、たまにグルテンフリーの日を作ってみるのも、なにか新しい発見があるかもしれませんね。


よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2016-04-22 12:06 | 料理教室メニューより

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー2

前回からの続きです。
次の料理は、マッシュルームとハムのクレープ、ベシャメルソースかけ

単純に言えば、クレープを焼き、ベシャメルソースを作った中に、マッシュルームのソテーとハム、チーズを包んで並べ、さらにソースをかけてオーブンで焼いたものなのですが、

なんせグルテンフリーなので小麦粉は一切使えません。
そこで片栗粉などのでんぷん粉の類を使って、
クレープやベシャメルソースを作るのですが、

これが、単純に、、
通常のレシピから小麦粉とでんぷん粉を差し替えればよい、
というわけでも無いところが、難しいところ。

c0155755_6474827.jpg


全く別の配分が必要とされます。
思えば、長年に渡って、様々な試作を試食させられてきました。
ですが、このグルテンフリー食に関しては、
本当に簡単に美味しいレシピは出来ないもので、
今回はジュリオの長年の努力の積み重ねをしみじみ感じましたね。
アレルギー食とは全く思えない、いつも通りの美味しさでした。
写真ではわかりませんが、マッシュルームの扱いは秀抜で、
ひそかにうなっていた私でした。

デザートに続きます。


クリックして応援してね!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2016-04-22 01:38 | 料理教室メニューより

アレルギーのある人も、無い人もみなで美味しくグルテンフリーメニュー1

今日は久しぶりの昼レッスン。
メニュー決めはいつもながら悩むのですが、
今回は長年暖めていた、ジュリオの隠し玉を出すことに。。

それは、、

グルテンフリーメニュー

c0155755_634394.jpg


ヨーロッパには小麦アレルギーの人が大変多く、実はジュリオの姉もその一人。
その難しい食生活を共にしていくうちに、
自然とアレルギー食への関心が深まったようです。

実は私も彼らと暮らすまでは全く知らなかったのですが、
小麦アレルギーの人は、自分が安全な食品を選んでいるだけでは充分でなく、
実に多くのことに注意して暮らしているんですね。

例えば、、
グルテンフリーの食品は他の小麦粉や
一般のビスケットなどと同じ場所には保管しない、とか、
木製品の木べらや、麵棒などは自分専用のものを使う、
他の人が一般の料理に使ったものは使えない、
レストランなどで米料理を頼んでも、パスタを茹でたりした鍋で料理されたらアウト!とか。。。
混入は時に命取り。。。

なので、グルテンフリーメニューを用意して差し上げても、
気心が知れないうちは、安心して召し上がって頂くことも出来ない方も多いかもしれませんね。

では、本日のお料理のご紹介
まずは、モッツァレッラチーズのカリカリ衣揚げ


c0155755_6142147.jpg


通常、パン粉を使うべき料理ですが、
コーンミールを使っています。
ちょっとタコスを思い出す、香ばしいとうもろこし風味の衣、
その中にとろーっとした、
モッツァレッラチーズを入れてオリーブオイルで揚げました。

小麦粉を使わない分だけ、中のチーズが出てきやすいため、
しっかりと、しっかりと衣をつけます。
なので、揚げたてにかぶりつくと、
まるでショーロンンポウのように中の熱い汁が、

ジュワーっと出て、、とても危険です028.gif

長くなったので、続きます



クリックして応援してね
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2016-04-21 06:35 | 料理教室メニューより

久しぶりのクリスマスメニュー

c0155755_1434415.jpg


本当に久しぶり、実に3年ぶりのクリスマスメニューでした。
毎年このメニューを考える、調整するほかに、殺到する予約のストレスも実はあって、
引越し前はもう疲れてしまっていてお休みしていましたが、
やっと再開することが出来て本当に嬉しく思います。

c0155755_1485142.jpg


今年はロンバルディアクリスマスの王道、ラビオリと、詰め物をした鶏の丸焼き、
そして見た目にも美しいおつまみ的なゴルゴンゾーラ風味のサラダ

みんなでパスタをこねて、伸ばして、中身を詰めて、閉じて、切って、
本当に手のかかる料理もワイワイとやればとても楽しい♪

c0155755_1532274.jpg


お腹にたっぷり詰め物をした鶏のロースト。
詰め物をすることで焼き時間も倍増しますが、この贅沢感はクリスマスならでは。
肉汁もあまなく利用して、ソースを作り幸せも倍増053.gif

ミラノ万博も無事終了。
食がテーマの万博だっただけに、夜の料理教室にも大勢の方にご参加頂き、ありがとうございました。
振り返ればびっくり箱のような2015年でしたが、過酷だった改装工事と引越しの後の思いがけないサプライズのような。。。
人生って、本当に面白いものですね。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けるとポイントが入りますのでよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2015-12-05 02:08 | 料理教室メニューより

フィレンツェの花嫁

いつの間にか、9月
春からやたら着物の仕事が多く、いつの間にかイタリアを北に南に横断するようになっていました。
その中でもずっと楽しみにしていたのが、
フィレンツェの花嫁の着付け♪

c0155755_552431.jpg

とても美しい方でした053.gif
どうぞお幸せに。


c0155755_5523458.jpg




















私の母の結婚式の写真が黒地の振袖に角隠し。
こちらの花嫁さんは、ご自身で考えて箱せこや抱え帯をつけたりして、
とても素敵な仕上がりでした。


それにしても驚いたのが、
フィレンツェの市で結婚式を挙げてもらうのって有料なんですね。
しかも、建物のランクによって値段が違うらしい。。

私とジュリオはミラノ市に一銭も払わなかったなあ。
それとも今頃はミラノも有料なんだろうか??
ドォーモ入場も有料になったしねえ。。




よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2015-09-17 06:15 | 着物 KIMONO

ミラノ万博、日本館へ

ミラノ万博へ行って参りました。
日本館の中にあるイベント広場でのお仕事だったのですが、
まあ見るものすべて、珍しく、なかなか刺激的な3日間でした。

c0155755_52117.jpg


入り口近くにある、どこかプーリアのアルベロベッロを思い起こす建物。
とにかく広い! 各国のパヴィリオンもお店レベルでなく、劇場並みの大きさ

c0155755_545440.jpg


万博のメインストリート、開放感をそのままに雨対策も考えた屋根構造
ご覧下さい、先が見えないでしょ?
中央のイタリア地区までも15分ほど、、
日本館まではさらに、遠く徒歩30分ほど、かかります(汗

その間の乗り物はといえば、園内の外側を時計周りにバスが巡回するのみ
メトロのある入り口入って、右手やや前方に進むと乗り場があるのですが、
一方通行しかなく、本当に時計回りにしか、進みません。
なので乗っているのは万博で働く人のみ、になっているような気がします。
もう、なにも見なくていい、帰りたい、少しでも歩きたくない、人向きですね(笑

さて、日本館ですが、
パヴィリオンを見るのは、、他であまりみかけない長い列が出来ていました。
短い時で30分待ち、混んでいる時で、1時間半、というものありでした。。
人気、というのもあるかと思いますが、
最後のバーチャルレストランショーの席数が決まっている為、
人数制限が必要なんですね。

そしてショーを見終わったお客様がたどり着くのが、
イベント広場。
ここで、レストランはもちろん、日本全国からの伝統芸のショーや、試食なんかも出来ます。
私がいた日々は、
味噌ガールのみそまる作り、
梅干おいしい、おにぎり協会、
熱血、回転すし協会、
カフェ、コーヴァ ジャパン、
などが出店していました。
みなさん工夫を凝らした趣向で、とても楽しかったです。
一体どれだけの苦労をして出店準備を終えたのか、
涙なしには語れないですが。。

そんな時なんと、名古屋和髪隊も応援に駆けつけ、
一気に華やかになりました。053.gif

さて、私のお昼は、
c0155755_5242779.jpg


サガミ、のてんぷらそば
20ユーロ
美味しかったのですが、
イベント広場の試食を見越してか、軽めの量、かなあ。。

ともかくも、あっという間の3日間でしたが
味噌ガールさんたちとのお仕事はとても楽しかったです。
なによりもその真面目な仕事ぶりには本当に感動しました。
本当に一生懸命、味噌のことを考えているんです。
そのひたむきさが、万博までの道を開いたのでしょうね。

最後に皆様
日本館パヴィリオンに並ぶのがお嫌でも、
ぜひスロープを登ってイベント広場をおたずね下さい。
日本の味のみならず、人々の熱意に出会えるはずです。


ブログランキング参加中
よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2015-05-26 05:44 | 我が町ミラノ

帯と羽織、イタリア風

仕事でしばらくローマに滞在しました。
予約していたはずのコロッセオ入場は、
実に長いこと並ばされ観光意欲も薄れてしまいましたが、
お仕事はとても楽しかったです。

その中でも嬉しく思ったのが、、コレ!

c0155755_510931.jpg


イタリア風、帯ベルト!
本物の日本の帯を使っています
その色あわせのセンスはイタリア人ならでは!

c0155755_512799.jpg


写真ではわかりにくいですが、
着物の羽織に合わせています。

イタリア人が考え、提案する着物ファッション049.gif

着物は着付けが難しく、動作が楽でない為、
羽織であこがれの着物気分、ということなんですね。
着こなしのコツは、あくまでもきりっと、シックに!


作り手、かつ販売員であるイタリア女性は、
キャミソール+レギンズの上に黒い羽織を着て、軽く前を合わせ、
細いウエストを強調するようにこの帯ベルトを締めていました。
ウェービーな赤毛の髪がよく合ってとてもかっこよく、素敵でした。

最近、着物の仕事で黒の一つ紋付の羽織を実によく着ていました。
とくに一重仕立てのものは、軽く扱えてカーディガン代わりにとても重宝。
紋付だから、なにか行事?という固定観念のない外国では、自由に着こなせて嬉しい限りです。

外国に着物、ひと揃えを持参するのは大変ですが、
羽織一枚で日本らしさはかなり出せます。
組み合わせ次第でまだまだ発展できる羽織、
見直されてみてはいかが?


ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2015-05-13 05:38 | 着物 KIMONO

5月メニューのご案内

5月は来るべき夏に備え、早くも冷たい手打ちパスタを作りましょう。
他に季節のアスパラガスとイタリア風のカリッとしたコトレッタなど。

アスパラガスのサラダ
オレッキエッテの冷たいパスタ
イタリア風チキンカツ ルッコラとチーズのソースで

料 金 : 40ユーロ(初回の方のみ登録料として+10ユーロ)  

日 程 :5月12日(火) 18日(月) 25日(月)

ご予約後のキャンセルは2日前までにお電話にてお願いいたします。
(キャンセル待ちのお客様をご案内する為です)
それ以降は承れませんのでご了解下さい。

夜の部はお問い合わせ下さいね。男性の参加、歓迎しています。

お問い合わせ、ご予約は lacucinadigiulio@tiscali.it までどうぞ

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。




よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2015-04-16 21:56



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。
着付けのレッスン、レンタル着物もございます。
詳細はこちら↓

http://kimonitaly.exblog.jp/

↑Per chi vuole un emozione d'indossare il kimono
RURIKO
SERVIZIO DI VESTIZIONE DEL KIMONO E NOLEGGIO
rurissima@gmail.com

**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。

カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧