料理サロン La cucina di Giulio

ミラノのスリ、増えてるかも。。

先ほど、友人からトラムでスリに遭ったのでデヌンチャ(被害届け)をしに行くところなの、と電話がありました。

トラムにほんの少し乗っている間、なのだそうですが、在住の長い人でも日本から来たばかりの人と一緒にいると旅行者に見えてしまうのか、狙われやすくなるようですね。

特に赤ちゃんを連れたお母さんは標的になりやすいのが哀しい現実。
ベビーカーを乗せたり、子供に気を取られている間にお財布をスラれそうになった話もずいぶん聞きました。

例えば9番トラム。
車両前方に座席が多いのですが、この連結部分にスリがよく潜んでいる、と聞きます。
恐ろしいことにグループの犯行が基本。
赤ちゃんを抱っこして空席を探していると、前方に座っているおばあちゃんが、

”ここに空席があるよ~”と手招き。

あら、ありがとう!と連結部を通り抜けて行こうとすると、
そこで待ち伏せしている男達が財布をすろうとする、と聞いた事があります。
リュックは特に狙われやすいようです。

でも皆さん、怯えないでね!
少しでも怪しいっと思ったら、遠慮なく叫んでください。
ほぼそれで、逃げて行きます。

私もいつだったか、バスに乗っていた時のこと。
買ったばかりのケーキを落とさないように持っていた時に、突然背後からジブシーっぽい異臭。
とっさにバッグが開いているような、、嫌な予感がして叫んだことがあったのですが、
叫んでからバッグを見ると、浅黒い手がさ~っと引いていくところでした。

何事も無く終わって見ると、叫んだ自分が凄く恥ずかしく思えたのですが、
ちょうど目が合った、初老の品のよい男性いわく、

”Hai fatto bene." (よくやった)


というわけで、皆様
イタリアでの基本はバッグはしっかり小脇に抱え、
いざとなったら叫ぶ、怒鳴る。

ちなみにペルメッソ ディ ソッジョルノ(滞在許可証)は盗まれたら再発行に130ユーロ、なんだそうです。
これも一緒に持っていかれた日には、泣きっ面に、ハチ、ですね。。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-03-23 07:39 | イタリア情報

旅先で病気になると。。イタリアの場合

前回からの続きです。

その前に、これから海外旅行に出掛ける皆様にアドバイス。

出発前は充分休息を取りましょう。
飛行機で寝れば元気になる、のは30歳までだと思ってください。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

More 続きを読む方はここをクリック
[PR]
# by giulio71 | 2012-03-12 08:31 | イタリア情報

パークハイアット ミラノ

先日までお客様のアテンドの為、ミラノのホテルに半滞在状態でした。
ミラノに実際住んでいると、ミラノのホテルに泊まることはまずないのですが、友人が泊まっているホテルを訪ねたりすることはよくあります。
その中でも特別な空間と言えるのが、

Park Hyatt Milano
まず筆頭にあがるイメージが、

高級
モダン
敷居、高そう

の3拍子のように思えるホテルですが、
実際に滞在してみると、最後の敷居が高い、というのは全くないホテルです。

イタリアのホテルって良くも悪くも家族経営が多く、
その対応で印象のすべてが決まってしまう感もあるのですが、
このホテルの凄いところは、

従業員、誰一人イタリア人ぽくない

これに尽きる気がします。
つまり多国籍従業員なんですね。
英語力はイタリア語力よりも必須な気がするくらいです。

最初、正直ショックでした。
ベルボーイをはじめ、ルームサーヴィスなどすべて、
実に滑らかでないイタリア語で対応され、一瞬ここがミラノであることを忘れてしまうほどなんですよ。
更に、清掃用具にまで配合されたホテルアメニティの香り。
この華やかでいてシックな香りに日常生活を切り離されてしまう。。
素敵な空間です。

それにしても、この従業員のイタリア人人口の少なさが気になって、訊いてみたところ、
ハイアットグループなので、世界中から従業員が研修などを含めてやって来る、という答え。

正直私も昔、東京のハイアットホテルで働いていた経験があるけど、こうしたことは、なかったなあ。
外資系ホテルとは言えど、日本ならではのきめ細かいサーヴィスを売りにしていた気がします。

さて、この多国籍従業員のサーヴィスに身を投じること数日。
最初は疑問だった、イタリア語についても、どうやら彼らはきちんとわかっていることが判明。
そのくらいから、突然このホテルは快適度を増してきます。

何が快適かと言えば、ずばり、

自分ひとりがイタリア人でないことの孤独
言葉が不自由なコンプレックスもあまり感じずに済む



例えば、老舗のヨーロッパのホテルは素敵だけれども、
伝統や従業員の古めかしさに圧倒され、くつろげない経験ってありがちだと思うんです。

でもこのパークハイアットにはそれがない。
建築はモダン、だけれど、
底抜けに明るいラテン系ドアマンの笑顔。

洗練されたロビーラウンジを仕切るのは
仕事に忠実なサルデニア出身女性のベテランの給仕
きりっとしているけど、優しく、イタリア人とはちょっと違うプロ意識

東欧出身とすぐにわかる、ひとあたりのよい客室係り

イタリアなのに、全くそれを感じさせない不思議な人間空間。

廊下など、至る所に漂う、ラウラ トナットの香水、
それだけが、イタリアらしさ、だったと言えるかもしれません。

さてホテルのサーヴィスの良し悪しが分かるのは、
トラブルに遭遇した時。
今回のトラブルは、お客様のご病気でした。

続きます。

励みにクリックなどお願いしたいです
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-03-09 08:59 | 我が町ミラノ

手打ちパスタ、カヴァテッリのソレント風

今日から3月、とは思えないほど暖かい日々が続いています。
もうロングコートを着ている人なんか誰もいなくて、ウールのマフラーも、帽子もどこへやら。
イタリアの慶応、と呼ばれるボッコーニ大学周辺では既に裸足にバレリーナシューズの女子大生。
ミラノ、春全開です!

さて、春になると妙に食べたくなる南のパスタ料理。
濃厚なトマトソースにとろけるモッツァレッラチーズが糸ひけば、もうそれだけで皆さんうっとりです♪

まずはパスタ作りから、
今回は近所のパン屋から買ってきた小麦粉を使ってのパスタ作り。
この違いについては後日語るとして、

生地は卵なしでしっかりこね上げ、
少し生地を取り、
ナイフですーっと伸ばしてくるっと巻きます。

c0155755_7313198.jpg


皆さん驚いていましたが、
やってみると出来るもので、
こんなに上手にできました。

さて、これにからめるソースですが、
トマトソースも南らしく、
いつもより大目にオリーヴオイルを入れて、
さらにいつもより少し長めに煮込んで、
フレッシュモッツァレッラをどかん、と入れ、

トロットロになるまで溶かしたところで、
茹で上がったパスタを投入し、



c0155755_7411472.jpg




ほんっと、メチャうま、です!
食べながら、笑っちゃいます。

イタリア料理で何が美味しいって、、
やっぱりこういう料理じゃないかと、思います。
食べている間に、心までほっかほっかになって、
幸せのオーラまで出ちゃうような、、

そんな料理が、やっぱり一番かな♪

ちなみに、ソレント風としましたが、ヴェスビオ風とも呼ばれます。
要はピッツァ味のパスタですな。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

それにしても、食べ終わった後、
皿やフライパンにこびり付いたチーズを落とすのはいただけない。。
そんな訳で、リストランテで意外にみかけない、一皿ではないかと、思った午後でした。
[PR]
# by giulio71 | 2012-03-02 07:56 | 料理教室メニューより

一番簡単で、美味しい私のティラミスの作り方

先日のこと。娘に突然、

”ティラミスってイタリア語で何て言うの?”

と真剣に訊かれ、のけぞりそうになってしまいました

思えば我が家でティラミスを作るのは私だけ。
ジュリオが私にリクエストする数少ないデザートの一つ。
なので、イタリアのものではないと娘は思ったのでしょうね。

さてティラミスにはいろいろな作り方がありますが、私のは多分世界で最も簡単だと思います。
秤はおろか、泡だて器すら使いません。
所要時間は思い立ってからたった15分足らず!

では材料から、20cm×14cm角型分

エスプレッソ とりあえず1~2杯分準備 
砂糖少々

ビスケット  10枚前後 型による
       (平たく薄い形のものがベスト)
マスカルポーネチーズ  250g
(Santa Lucia 以外のね)
砂糖  大きなスプーンで軽く3杯
卵黄 新鮮なものを2個 
        
Cacao    適量振りかければよし

c0155755_3201643.jpg


作り方
1.カフェを淹れ、砂糖を少し溶かす。

2.マスカルポーネチーズをボールに入れ、
  砂糖を入れてよくかき混ぜ、
  卵黄も一個ずつ加えてよく混ぜる。

3.先のカフェを皿に流しいれ、ビスケットを
  両面に浸し、型に並べていく。

4.型の底を敷き詰めたら、2を流し込み、
  上に3の作業を繰り返して冷蔵庫で冷やす。

5.数時間して固まったら出来上がり。
  ココアを茶漉しなどでふるいかけていただきます

MEMO :

一般的なレシピはサヴォイアールですが、写真のビスケットで作るのが我が家の掟です。 
レシピによっては、卵を2個にして、卵白をしっかり立てて加えるものや、ホイップクリームを加えるものもあります。
卵が大きいなどの理由で上手く固まらない場合は、グラスに盛るか、冷凍庫に入れてセミフレッドにする手もあります。

他にお好みで、バニラの香りを加えたり、リキュールを加えても美味しいです。

c0155755_3205429.jpg


見かけはとても素朴ですが、かなりの人をうならせた我が家のティラミス。
ぜひお試しを^^

よろしければクリックなどお願いいたします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

それにしてもイタリアのリストランテのティラミスって本当にハズレが多いと思うのは私だけでしょうか?
本当に何度注文して後悔したことやらーー;
皆さんも経験、ありませんか??
[PR]
# by giulio71 | 2012-02-07 04:14 | 料理教室メニューより

じゃがいものニョッキ 

1月メニューは久しぶりのニョッキ。
何を隠そう、ニョッキはジュリオの大好物の一つ。
よって彼の作るニョッキは本当にほっぺたが落ちてしまいそうなくらい、美味しいっ!

実は本当に美味しいニョッキは、リストランテなどの外食店ではお目に掛かれないもの。
形をきれいに整える為にはある程度の固さが必要である事から、外で食べるニョッキはどうしてもとろけるような味とは遠くなってしまう。

でも料理上手なおばあちゃんの作る、真のニョッキはソースとからみつつ、口の中で噛む必要もないほどにとろけて、ほっこりと心まで温めてくれるような、優しい味なんですよ。

その秘密は、やはり技術。

c0155755_7405214.jpg


コツはしっかり茹で上がった熱い、熱い、じゃがいもを、冷めないように手早く剥いて、潰して、まとめあげること。
コレに尽きます。

c0155755_7424947.jpg


そして、成型。
あっさりしたソースなら、おばあちゃんお得意のこんな形。

今回はクアットロ フォルマッジ(4種類のチーズソース)を用意。
ゴルゴンゾーラとパルミジャーノをベースに、残りのチーズはクセのあるものもよし、あっさりとしたものでもよし、お好みでどうぞ。

c0155755_7482012.jpg


はい、出来上がり。
下に敷いたルッコラもソースとの相性は抜群です。

世の中には料理教室に来る事もないのに料理上手なひとって沢山いると思うのですが、このニョッキはそんな人にもぜひ習いに来て欲しい一品の一つ。
2年後にはトマトベースでまた復活させたいな、と密かに願っています。


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2012-01-26 08:00 | 料理教室メニューより

トルテッリ、春を告げるカーニヴァルのお菓子

今やコンコルディア号の座礁事故にトップニュースの座を奪われた財政危機のイタリア。
一度は行ってみたかった夢の地中海クルーズだけに、私もさすがにショックです。
ただでさえ破綻しそうなイタリアなのに、これでコスタ社が倒れたら一体どれだけ失業者が出るのか、考えただけで恐ろしい。。


さて、1月メニューのご紹介もまだしていないのですが、今夜試作として作った2月メニューのトルテッリがとっても美味しかったのでちょっとご紹介。

c0155755_8553656.jpg


シュー生地に少し似たものを揚げて、中にカスタードクリームを詰め、パウダーシュガーをかけたもの。

カーニヴァルの季節にパン屋やパスティチェリア(ケーキ屋ね)で売り出すのですが、

存在感の強いキャッケレの隣
     +
いかにも油っぽくて甘そう、

なので正直わが家でもほとんど買ったことはありませんでした。

でもね! 使い回していない、新しい良質の油で揚げたトルテッリはとっても美味しいのを発見!
今回は例によってジュリオがたっぷりカスタードクリームを入れたのですが、生地が美味しいので少しクリームを控えめにするようにお願いしました。
バランスも大事ですからね^^


今年のミラノのカーニヴァルは2月の末。
昨年は3月で、その翌日が3月11日でした。
あの日からこの世界はなんと変わってしまったんだろうと思いましたが、こうしてまた春は巡ってくるのですね。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
# by giulio71 | 2012-01-16 09:13 | 料理教室メニューより

澤選手、着物姿素敵でしたね

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて私事ですが、毎年成人の日になると結構な郷愁に襲われます。
日本にいた頃、私にとって成人の日というのは毎年凍えそうな夜明けと共に呉服屋さんや美容院で20歳のお嬢さん方の着付けを半ば汗だくになりながら行うのが習慣でした。
終わった後は、式典から帰って来る振袖姿の数々を路上で拝見するのが楽しみでした。

あれから早10年が過ぎ。。。
いまや完全に失われた習慣なはずなのに、どうもなんだかさぼっているような錯覚さえ覚え、ミラノにいても未だどうも落ち着かない成人の日となっています。

さてそんな落ち着かなさを解消すべく、今年の振り袖の傾向はどうだったのかしら?とネットで検索してみたところ、真っ先に出てくるのが超有名グループタレントの振り袖姿。
さぞかし可愛いんだろうな~、と思いきや、

これが、、、


もうげんなりするほどがっかりだったというか。。。


もうヘアスタイルも着付けもぐちゃぐちゃ。。。
可愛い顔でスタイルもいいのにどうしてこうなっちゃうのかな、と。。。
あれじゃその辺の田舎の美容院から出てきた子と変わらないじゃないですか。
振り袖は浴衣じゃないんですよ~~~


とまあがっかりした翌日、つまり今日の朝、
ミラノ市内で配られる無料の新聞、Metroの表紙を何気なく見たら、

そこに振り袖を着た澤選手の写真が!!!!!!!


一瞬、目を疑いましたが、、、
そのきちんとした着物姿を見たら、とても嬉しくなりましてね。
今更ながら思い出したんですよ。

着物は日本人の誇り だと。

ああして胸を張って、ビシっと着るものだと

だからスポーツ選手は例外なく着物が似合うんですね。


昨日は日本の着物はどうなってしまうんだろう、と本気で不安でしたが、今日はいいもの見せてもらいました。
澤選手、ありがとうございました。
受賞おめでとうございます。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

男性もぜひ羽織袴で国際舞台に立って欲しいなあ。。
[PR]
# by giulio71 | 2012-01-11 07:03 | 着物 KIMONO

ブッシュ ド ノエル

やっとクリスマスメニューの日を迎えました。
準備はなかなか大変なのですが、毎年この日を迎えるのは私とジュリオの喜び。
メニューはやっぱり華やかにしたいし、デザートもまたしかり。
そして今年は思い切りクリスマスらしいデザートを、と用意したのが、


c0155755_78536.jpg


ヨーロッパのクリスマスケーキの定番、ブッシュ ド ノエル。
前回、G先生は気に入らなかったからもうやらない、と言っていましたが、結局これに戻ってきました。
理由は、、

メレンゲ細工をして娘に尊敬されたいっ

の一言に尽きていたような気もします。024.gif

柵などはチョコレートで作っているのですが、まあこれはいいとして、この可愛らしい雪だるまさん、暖かい部屋の中でだんだん溶けて上を向いてしまったり、G先生ちょっと難航していたようです。
でもその甲斐あって、とても可愛らしい出来ではありません?
雪だるまさんのお手手もやっぱりチョコレート。
キアラの尊敬を集めたのは言うまでもありません。


c0155755_7181781.jpg


土台になっているのはロールケーキ。
ふわふわのスポンジの中にはマロングラッセがたっぷり入ったホイップクリームが詰まっています。
砂糖は入れません。
マロングラッセだけ。
贅沢でしょ?

日本ではどうもゴテゴテした感じで惹かれなかったこのケーキですが、自宅で作るのは思いのほか自由自在、まだまだ発展の余地がありそうで、今後もアレンジが楽しみです。
次回の料理教室はまた少し形が違ったりするのかな。。

がんばったG先生にクリックなどお願いしたく。。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


そして、
今回のクリスマスメニューの予約が取れなかったお客様、本当にごめんなさい。
よかったらまた来年、来て下さいね~
[PR]
# by giulio71 | 2011-12-15 07:46 | デザート

ミコノス島、ペリカン探して衝動買い

事情があって、しばらくブログをお休みする事にしました。
その前に、心残りになっていたミコノス島のお話など。


ギリシャのミコノス島にペリカンが住んでいるというお話をご存知でしょうか?
観光地図を広げると、港近辺に挿絵が書いてあるくらいなので、絶対に会えるだろうと膨らむ期待。
親が既にこうですから7歳のキアラはもうペリカン探しに必死です。

c0155755_4511778.jpg

まさかビーチにはいないと思うけど(汗。。


c0155755_4353678.jpg


観光名所中の名所、でもペリカンはいなかった。
じゃ、街の中へ。。

c0155755_4494739.jpg


なのにペリカンを探す視線は店の商品へとさまよっていく。
この後、お決まりの衝動買い(汗。。


時刻はすでに夕飯時、レストランへ
港にほど近い、有名店 ”ニコス”を予約。

c0155755_4543547.jpg


この近辺はレストランがひしめいているのだが、ここはいつも満杯。
ナゼか? と、その時。。。



c0155755_4571212.jpg


来た~~~~005.gif005.gif005.gif

c0155755_4582041.jpg


だが、食事客がピークの時に鳥が接客をするのはやはり好ましくない。この後ペリカンはセレブさながらのフラッシュを浴びながら、レストランの従業員にヒツジのように追い立てられ、

c0155755_503918.jpg


このエンジ色のドアの中に閉じ込められた。。。

ペリカンが出てきた時の反応を見ると、どうもこのレストランの経営者にペリカンは魚を貰っているようである。
お腹が空いて、エサを貰いに来たペリカンを見る経営者の目には怒りもあふれる愛もなく、ただ穏やかに、
”もうちょっとお客が帰るまで待ってろよ~”

と両者のよき共存関係を表していた^^


これでようやくキアラも大満足。

c0155755_512172.jpg


それでは皆様、12月にまた来て下さいね。


それまでのクリックなどは大歓迎です^^
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

いつも応援ありがとうございます。
[PR]
# by giulio71 | 2011-10-14 05:34 | ギリシャ



ミラノにあるイタリア料理教室より
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ミラノ近郊でお着物着付け、いたします。
着付けのレッスン、レンタル着物もございます。
詳細はこちら↓

http://kimonitaly.exblog.jp/

↑Per chi vuole un emozione d'indossare il kimono
RURIKO
SERVIZIO DI VESTIZIONE DEL KIMONO E NOLEGGIO
rurissima@gmail.com

**************
このブログ内の写真及び記事の無断使用、無断転記は一切お断りしております。
 

末筆ながら4つのランキング↓に参加中



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



人気ブログランキングへ
   
励みに一票ポチッとクリックして下さいませ。。。

カテゴリ
記事ランキング
ファン
ブログパーツ
タグ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧